« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

8月26日(火)

昨日の村長との話でイロイロせなあかんことができたので朝から張り切って青年の家へ。

その前に月曜から始めるパソコン教室のビラを村中に貼りにいかなあかん。

まずは隣の店へ。

と思って、家を出ると、ちょうどロトフィがこっちへ向かってるではないか!

「わー!ろとふぃ!あんたと話したかってんよ。来週月曜からパソコン教室やるから手伝ってほしい。」

と言って、一緒にビラ張りして青年の家で授業の準備を少々。

とりあえずのカウンターパートっぽい存在はロトフィ君になりそうです。

午前中いっぱいはロトフィ君と働いて。

そして、お昼は家でと思ってたけど、そこはモロッコ。

ロトフィのおばちゃんはとってもモロカン。

家においで攻撃がすごいです。

ということで、お言葉に甘えてお昼はロトフィ家。

ここは結構質素な感じのお家柄です。

その後、ロトフィに夕方からサッカーするから一緒に行こう、といわれてたので、家で待機することにした。

授業の準備をしつつ、洗濯したり昼寝したり。

時間になっても呼びにこないなーと思ってたら、大家さんが鍵の工事をするといって来た。

サイードとヨセフでギコギコ。

うまくいかないみたいで、また明日ということに。

サイードが来たらその娘ナジュラちゃんが来ないわけがなく。

家でなんか作っているから来て来て、と。

言ってみると、ラマダン用のお菓子ズンメータ(フェズの方ではセーロ、カサブランカではスフーフというらしい。)を作っている。

ゴマ、胡桃、アーモンド、米、シナモン、ハーブをこまかーくパウダー状にして。

なんかもうちょっといろいろいれて、あたためたオリーブオイルを加えて混ぜてよくこねて出来上がり。

甘さ控えめで栄養たっぷりな感じ。

ちょっとおすそ分けいただきました。

眠たいといって、夜ご飯はいただかずに解散。

明日は朝から

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8月25日(月)村長と仕事の話

今日は朝から村長と村役場で話をする予定だったので、9時くらいに外に出てタクシー待ってた。

そしたら、タイミングよくサイードが現れて。
サイードカーで村役場まで♪

まだ村長は現れず。
そこで村役場の技術者という人がいたので話してた。
そしたら、その人は入札を担当しているそうで。
まさに日本で私がしていた仕事とそっくりやって、びっくりした!
しかも、一般競争とか指名競争とかのシステムも一緒でなんか親近感がわいた!

そうこうして待つこと2時。
やっと村長が現れた。

そこから約4時間くらいみっちり村長と話をしたのでした。
途中でいろんな客が来てあいさつをして中断したりしたけど。
任地に来ていろいろ疑問に思ったこととかわからんかったこととかいっぺん聞けて、疲れたけどよかった。

その後村長にお昼誘われて、ムーレイイドリスの中心部へ。
ケフタ(ひき肉)の串焼きをごちそうになった。
昨日おなかを壊して苦しんだからちょっと重いなーとおもったけど、おいしく食べれてしまった。
またおなか壊さないといいけど。。。

今日決まったこと。

①来週月曜日から、一日2時間週三回、パソコン教室します。@青年の家
②今週土曜日、カルメットの隣村で会議ひらきます。
③カルメットの女性組織ともっとコンタクトとらなきゃ!
④村でのホームスティ体験のプロジェクトの対象となる家の視察をする。

です。
村長は仕事が早くてちょっといったらどんどん決めてくれます。
でも、とても頭がきれるので、対応するのに緊張します。
それもそのはず、本業は大学教授なのです。

それに、試されている感ありで。
「それで、あなたの考えは?」
とよく聞かれます。(すでに彼の考えはある)
でも、対等につきあおうとしてくれているのであれば、それは光栄。

がんばります!

ということで、村長と話すときはこっちも必死。
今日話す予定のフランス語の下調べをしておりましたが、話が伝わっても村長の話すフランス語の単語がわからーん。。
さらに、想定外の質問に答えられなーい!
何度も村長をイライラさせてしまったのでした。

2人とも必死でコミュニケーションとって、まぁ、なんとかなったけど。

はじめは仕方がないけど。
これが続くとまずいよね。
やっぱり言葉って重要よねって思いました。

そんなこんなで、これから村に戻って、お向かいさんヨセフの妹夫妻が明日フランスに帰ってしまうので家に行ってさよならしてきます。
きっと夜ご飯まで拘束のされることでしょう。

でも、今日が最後なのでゆっくり話しすることにします!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

8月24日(日)リセットデイ

昨日胃薬を飲んで寝たわけやけど、朝4時ころに目が覚めました。

おなかゴロゴロゴロゴロ。

即効トイレいって。

トイレ→ベット→トイレ→ベット

これを11時くらいまで繰り返した。

同期の頼れる助産師さんが

「下痢したときはポカリ飲んで、パンとかご飯とかおなかにたまるものを食べるといい」

と言っていたのを思い出して、無理やり昨日もらったホブスを食べた。

そのままベットで寝てた。

今日は引きこもるぞ!と決めたので。

昼過ぎには落ち着いて。

斜め前のナジェットに窓から「お昼食べにおいでー」って呼ばれたけど、今日はパス。

お粥を作って日本から持ってきた梅干でお昼。

あーホッとする。

今日のことがあったので、これからアンビテで人んちに行ったときに気をつけることをまとめてみる

     夜は家で食べることにする(やっぱり夜遅いと次の日に残る)

     羊はあまり食べない(味はともかく、羊を食べると胃を壊すことが多い)

     脂っこいお菓子はつつく程度。グテの時はホブスを食べるようにして、それを夜ご飯とする。

     おいしいと思ったものしか食べないようにする

     無理しない!

これで。

ラマダン中の日没後はアンビテにあうこと間違いなしなので、異文化を楽しめるように、無理しないで過ごせる術を身に着けておかないと!

うわさでは、ラマダン中の日没後はあまーいモロッコ菓子が毎日大量に用意されるらしいし。

村の人たちはラマダンを楽しみにしているみたいに見受けられます。

毎日がお祝い事みたいな感じなのかな。

私も今はとりあえず楽しみです!

そういや、隣の店の隣にテレブティック(公衆電話が置いてあるところ)があるねんけど、てっきりもう使われていないと思っていたら、なんと使えるそうです。

村に電話ひかれへんって聞いたけど、、、一部は使えるということか!?

よくわからんけど、近くに電話あるほうがいいのでよかったです。

試しに今日国際電話してみたら・・・

5分くらいで108DH!(1500円強)

高すぎませんか?テレフォンカード買って話したほうが安いような気がするんですが・・・むしろ携帯でかけるのと変わらない感じなのですが・・・

そんな感じで今日は特に何もせずゆったりまったり過ごしたのでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8月23日(土)土曜日は何の日?

ということで、土曜日はムーレイイドリスにスークがたつ日。

土曜なので今日は仕事のことはあまり考えず。

今日も例外なくムーレイイドリスへいきました。

今日の目的は、パンをこねるときにつかう陶器のお皿を買うため。

朝は7時半くらいに起きて、ごちゃごちゃして。

今日は早くから人の声がするなーと思って外を見ると、大家サイードのトラックがない!

え、もう行ったの?

先週は9時でまだ早いって言われたのにー

どうしよっかなー、電話ししよっかなー、一人でいこっかなーとかかんがえてると、外で大家さんっぽい声が!!すかさず、

「ムーレイイドリスに行く?」

「うん」

「私もつれてって!」

ということで、大家カーゲット。いつものメンバーヨセフに加えて、後2人のおっちゃんと。

大家さんはすでにムーレイイドリスで一仕事終えて、今から羊ちゃんを買いに行くらしい。

ラマダン終わって2ヵ月後に大きな祭りがあって、そのときに羊を犠牲にしてお祝いするらしい。

その羊を買いにいくというわけです。

今はそのせいか、スークには羊のスークもたってます。

そこで分かったんだけど、この間日本食を持っていった時に食べたのは羊の頭やったらしい!

ほぇー

ちょっと脂っこくて苦手やなって思ったンやけど。

というか、私、羊を食べると調子が悪くなる。今もちょっと胃が思わしくないし。

ラマダン明けのお祭りがおそろしいー

そんなこんなでサイードは羊を2匹買いまして。

P1010663

私は陶器のお皿を買って、なぜか小さいタジンの容器(オリーブオイルを入れる用とスパイスを入れる用)をヨセフがプレゼントしてくれて。

ずっとほしいって思ってたからうれしー!

ヨセフ、シュクラン!

帰りはサイードの奥さんジハンヌの兄弟の家に寄って。

帰ってからサイードの家に行って、お皿を使えるように処理してもらった。

買ったままで使うのではなく、きれいに洗って、オリーブオイルをたっぷり塗って天日干しにしてから使うらしい。

そのまま娘のナジュラと遊んでお昼までいただいて。

ナジュラにはモテモテで。

子供が多い村で一人っこだからおねえちゃんが欲しかったのかな。

とにかく、なついてきてかわいい!

とっても眠たくなってきたので、家に帰ってお昼寝。

ナジュラに、ここで寝たらいいやーん、て言われたけど、その辺りはご遠慮で。

休憩するときはやっぱり自分ちがいい。

起きて水の供給を終えて再度サイード家へ。

というのも、起きたら戻ってきなさい、新たなお菓子の作り方を教えてあげるよって、って言われてたから。

言ったら、ラバトのメディナで見たことのある、油ギッシュなモロカンドーナツだった。

おぇーこれは私苦手かもー

と思いながら食べてみたけど、やっぱり苦手で。

子供たちはばくばく食べてた。

ちょっと油多くて苦手やーと言っておいた。

この辺ははっきりしとかなね。

で、なんか胃の調子が思わしくないので夕飯は食べずに帰宅。

今日はシャワーの日やったけどパスして胃薬飲んで寝た。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【募集】さぼてんの葉っぱ

みなさんのお知恵をいただきたく思います。

カルメット村にはサボテンがたっくさんなってます。
その葉っぱは何も利用されていないのですが、何かできないかなーとか考えてます。

何か知っていたら是非教えてください!!!

そこのあなたも協力隊の一員ですよ!

アイデア賞にはいいことがあるかも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8月22日(金)

お久しぶり。
あれからホブス(モロッコパン)とミルウィとハルシャという3大モロッコ粉もんの作り方を教えてもらった。
でも、家にオーブンないから、隣の大家のとこで焼かせてもらわんとあかん。

そうそう、月曜日に青年の家でムハマドと約束してたけど、彼は現れずー
まぁ、しゃーない。
斜め前やしいつでも話できるからいいや。

そして、また新しい出会いがあった。
それは25才の青年ロトフィ君。
彼は、大学に行っていたけど途中でお母さんが病気になってやめたらしい。
今は求職中。
彼、パソコンを使えるので、青年の家で9月からパソコン教えるの手伝ってもらうことになった!
ここに書いたかどうか忘れたけど、青年の家にパソコンあるから、パソコン教室してほしいって言われてたのよ。
あまりパソコン好きじゃないしなーって思ってたけど、まぁ何にもしないよりましかな、と思ってすることにしてんけど、一人じゃ意味がない!
ということで、一緒に教えれる人探してたから、ロトフィ君の存在はでかい!
彼は隣の人の親戚で村長とも仲良しなのでたぶん信頼できると思います。
たぶん。
まぁ、わからんけど。
でも、彼、若いからこんなところでボランティアしている場合でもない気がするので、仕事が見つかるまでの間だけになるのかな。
とりあえず、その間に第二のロトフィをみつけないと!

そして、女性組織のねーちゃんのところにフランス語を話せる姉妹が来ている。
この機会を逃すまい、と、アラビア語ではわからんかった組織のいろいろを聞いた。
訳してもらって。
フランス語もまだまだやけど、アラビア語よりはまし。
ぼやっとしてたのがわかってすっきりした!

それからお向かいさんのところに親戚がどっと来てて、すごくにぎやか。
その家に今20人います。
小さな子供が5人。にぎやかすぎ。
いつもお世話になっているので巻き寿司をお土産にもっていったらとってもよろこんでくれた。
よかった。
さて、次の日本食は何にするか。。。
女性組織の人のとこにも何か持っていってやらないとなー

ご近所付き合い大変です。笑

そんなこんなで今日は金曜日ですが、まだクスクスの予定はないです。
食べれるのかな。どうかな。
ここでネットしている場合でもないので今日はこの辺で。

そういや、ここのオリーブオイルはフレッシュな香りがしておいしい!
もちろのん自家製オリーブで自分ちで絞ったシロモノ。
大家さんがペットボトル1.5リットルにいっぱい入れてくれた。
ありがたやー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8月16日(土)スークの日

今日は土曜日。なので、ムーレイイドリスにスークがたつ。

朝起きて外に出てみると、先週とは違って人気が少ない。

隣の店主になんで人少ないのか聞いたら、まだ朝早いやん、と。

9時ですけど?

よくわからないモロッコ時間。

先週は8時半くらいでばんばんタクシー行ってたと思うけどなぁ。

タクシーもなかなか来ず。

店主にアラビア語を教えてもらったりしながら待っていた。

そうこうしているうちに大家が現れた!

「乗ってけ!」

ということで、またまた大家さんのトラックでムーレイイドリスに行くことができた。

今日は、野菜とかは買わず、日用雑貨をいろいろ購入。

今日は大家さんとは別れて、一人でお買い物したので、後で値段チャックが入りました。

ほとんど倍くらいの値段やったみたいで。

これからは一人で買い物に行くな、といわれました。

買い物したいときはヨセフ(お向かいさん)かサイード(大家)を呼んだらいい、と。

ありがたいお言葉ですが、一人で買い物したいときもあるので、いつもとはいいませんが、まぁ、大きいもの買うときはお願いしますね、と心の中で思いながら、

「ありがと!そうする!」

と言ったのでした。

そして、今日はお昼ご飯を隣の家の親戚の家で食べる予定になっていたと思うのですが、家で待ってても誰も呼びに来ず。

家がどこなんか分からないので、まぁ、ないならないでいいや、と思って、一人で家で食べました。

で、部屋でいろいろごちゃごちゃしつつ、暇だったので肉じゃがを作ってみた。

材料はたまねぎじゃがいもツナ缶、しょうゆ、塩、コショウ、砂糖しかありません。

これを駆使して作ってみたけど、いまいち。

まだ人様に出せるようなシロモノではありませんなぁ。

なんか家に呼ばれた時に持っていけるような手軽にできる日本食ないでしょうか。

肉は使わずに。調味料は醤油、塩、砂糖。

肉はなぜ使わないかというと、使おうと思ったら生きたまま買って解体せなあかんから。

一匹解体しても一人じゃ食べ切れんし。

解体する場所もないし。(家の前の道で解体しているのを見たけど。)

というか、そこまでして肉を食べたいと思わない。

そして、そもそも解体できない。(訓練で一回やったけど、そんなすぐできるようなシロモノではない。)

まぁ、人んちでお昼ごはんを食べている限り、肉とか魚とか出てくるので、今のところ必要ないというか。

そのうち人んちに呼ばれることがなくなったら、肉とか魚の摂取の仕方考えます。

で、今日はその後大家さんちへ。

特に何をするでもなく。話してお茶飲んで。最後は牛乳粥をいただいて帰った。

大家さんちはあまりお客様扱いしないので居心地がいいです。

明日もおいでね、とか言ってこないし。

あまり客が来るのが好きじゃないのかもやけどー。

とにかく、一回行くと明日も来てね、といわれて、行かなかったら何でこなかったの?とか言われるところが多いので、それをかわすのが大変。

大家さんちがそうでなくてよかった。

明日の朝、パン作りを一緒にすることになった!

楽しみじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月15日(金)クスクス食べなかった金曜日

今日はお昼はお向えヨセフんちでクスクスって思ってたら、一家はメクネスの親戚の家に行ってしまった。

あれー、私アンビテされてなかったっけ?

よくわからんけど、それならそれでいいやーと思って。

朝から電気の契約と滞在許可書のことでムーレイイドリスへ大家サイードと一緒に。

電気の契約に役場のはんこがいるので、役場でもらいにいって電気屋に戻ったらもう閉まってた。

時間は朝の11時半。

閉まるの早すぎでしょ。

でも、金曜日はこうらしい。

金曜日はみんなモスクでお祈りしてクスクスを食べるから、店が閉まるの早いんだって。

なので、週明けの月曜日にまたムーレイイドリスまでこなあかんようになった。

そのときにパソコンもってブログアップしようかな。

で、家に帰って久しぶりに自炊して。

今日は3時に水道の工事に来るらしい。

ということで、家で待っていたら来たのが5時。

お祈りしてたのかな・・・

今までトイレにしか蛇口なかったけど、流し台にもつけてくれるということで、どうなるのかと見ていたら、家の屋根の上にポリタンクを載せて、そこにトイレの蛇口からホースで水をいれて。

ポリタンクの下に穴を開けてそこにパイプを突っ込んで流し台のとこまで引いて蛇口をつけるという仕組み。重力サマサマな仕組み。

大胆に壁に穴を開けてパイプを通したりしてた。

でも、何はともあれ流しに蛇口ができてとても便利になった!

手を洗ったり食器洗ったりするくらいならこの水でいけるし。

P1010634

その後ムハマドと仕事の話をする約束をしてたから家へ行った。

そしたらまだ帰ってきてなくて。

そこの女の人たちは刺繍がとっても上手。

すごい!

P1010635

でも、全部自分たちのために作ってるっぽい。

P1010582

ここの人はお金を稼ごうという意識が低いように思う。

食べ物は自給自足だし、家で一人現金を稼げる人がいたら(それは男の人)、あとは別にあまりいらないやーって感じやわ。

でも、子供の教育費とかはどうなってるんやろ。

いっぱい子供いるのにな。

そんなこんなでムハマドが来るまで待っていた。

絞りたての牛乳をいただいたりして。

ムハマド帰ってきたけど、とっても疲れている様子だったので、仕事の話は月曜日に青年の家ですることに。

もう一つの組織の代表者も連れてきてね、と言っておいた。

本当につれてきてくれるかな。

で、夜ご飯までいただいた。

アラビア語を教えてもらったり日本語を教えてもらったり。

ここの一番下の娘さんが28歳ということが判明。

もっと若いと思ってたけど、あまり歳かわらんやん!

結婚してないし、ちょっと親近感がわいた。(笑)

仲良くしていこうと思う。

最近アンビテばっかりで何もこっちからお礼ができてないことが少々気になってます。

でも、お土産を持っていきたくても品がない。

お菓子売ってないし、作るオーブンないし。

日本食を作って持っていくっていうのが一番いいと思うけど、アンビテは突然やってくるので、そんな暇ないし。

日を改めてお礼に日本食渡す手もあるけど。

ちょっと考えなあかんな、と思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月14日(木)今日は祝日、そして山登り

今日は祝日ということで、仕事のことは考えず。

朝から山登り。

朝6時15分に待ち合わせしてたけど、結局みんなが来たのは7時ころ。

朝5時半に起きてスタンバイしてたのに。。。

でも、まぁ、一時間くらいは想定内。

なので、特に驚くこともなく。

でも、お母さんが「遅れてごめんね」やって。

遅れて申し訳ないという気持ちがあるんやー

道なき道を行って。

P1010621

まぁ、いつも家から見る景色とさほど変わらないけど、すばらしい!!

P1010629

タザにあるゲストハウスでサボテンをいただいた。

ちなみにこれがサボテン。黄色い実を食べます。あまくてジューシーでおいしい!

でも種ごと食べるので食べ過ぎると便秘になるらしい。

P1010596

ゲストハウスっていっても、普通の家で、旅行者が泊まれるように部屋を提供しているらしい。

村長はこういうことをカルメットでもしようとしてるねんな。ふむふむ。

その家は、外見は今にもつぶれそうだけど、中に入るとこぎれいにしてて、飾り物も民族の伝統的なものを飾ってて、かわいかった。

P1010612

これだったら、旅行者も喜ぶだろな。

で、頂上らしきところをめざしていって。

帰ってきた。

朝早く起きたのと、いっぱい歩いてつかれたから、イマド君の家で休憩。

少し寝た。

起きたら昼ごはん。

昼ごはんをいただいて、その後アラビア語を教えてもらったりしながら過ごして。

で、家へ戻った。

その後、大家さんとは反対のお隣さんの家へ。

その家はとっても広くて、壁のタイルがみごとだった。

普段はメクネスに住んでて、ここは別荘らしい。

へー金持ちなんやなー。

いろいろ自慢話みたいなんされたり、あなたのプロジェクトはいったい何なんだ?と質問攻めにあったりして疲れた。

夜ご飯をいただいて帰宅。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月13(水)アンビテの日々

昨日、大家さんの家にいたら、私の家に客が来てて、明日の朝そっちへ行くわ、と約束していた。

なので、朝ごはんを食べずに家を出た。

今日は青年の家で待ち合わせもあったので、鍵をもらいに斜め前の家へ。

そこには水の組織の代表が住んでます。

名前はムハマド。

まぁ、一度入るとなかなか出てこれないのがモロッコで。

とりあえずコーヒーとパンをいただいた。

そして、ムハマドと1時間くらい話した。

いろいろな組織のことを聞けた。

村のゴミ問題のことを言ってみると、以前もゴミ問題について話があがったけど、後回しになって、水道をひくこととか、道路の整備とかをまずやっているらしい。

ということは、ゴミ問題という意識はあるんだ!

ほな、ゴミ問題についての活動は不可能ではないかも、と思って、とりあえずもう一つの組織の代表者を紹介してもらうことにした。

そして、急いで待ち合わせの家へ。

案の定、朝ごはんをいただいて。

そして、少し話しをしたけど、12時から農業組織の人と待ち合わせがあったのでバイバイした。

青年の家で2時間待ったけど彼は現れなかった・・・

ここで、私の一つ目の職場、青年の家を紹介します。

見てください。

パソコンにプリンターにコピー機まであります。

P1010577

他の部屋にテレビとパソコン2台あります。

国の援助金で買ったと思うのですが、誰も使っていないこの建物にこれだけの設備があるなんて。

2年後には青年の家にいっぱい子供たちや大人が来るようになって、これが有効活用されるようになったらいいな、と思いました。

というか、そうなるようにがんばろうと思いました。

でも、青年の家はかなりほこりだらけ。

掃除したいけど、水がないからなかなかできない。

水の供給の時間に青年の家に行って、掃除しなあかんなー

ということで、2時間待っても来ないので、あきらめてお昼を食べに家へ戻った。

お昼はムハマド家にて。

お昼ごはんご、眠たいといったら寝てけといわれて寝た。

起きたら6時!

どんなけ寝てるねん!

水の供給が始まるから急いで家へ戻って、洗濯とかをしてムハマド家へまた行った。

仕事が終わったら戻って来いって言われてたよって。

また牛の乳搾り体験をして。

P1010587

このミルクでおばあちゃんがバターを作ってます。

P1010574

この壷の中にミルクを入れてフリフリ。

P1010575

このバターかなりうまいです。

で、グテしてたら、朝行った家の息子イマド君とそのお父さんが私を誘いにきた。

ということで、またその家へ。

ちょっと話をして。

明日みんなで山登りに行くことになった!

日本から持ってきた登山靴が早くも活躍できそうです。

朝6時15分に待ち合わせ。

頑張って起きないと!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月12日(火)調整員が来た!

今日はラバトから調整員さんが来ることになっていたので、朝からそわそわ。

でも、いつになるか分からないので、とりあえず家にいることに。

そしたら、戸をたたく音が。

どうやら誰かが私を家に呼んでいるようだ。

ということで、行ってみると、なんか見たことあるようなないような人。

後で分かったけど、この家族は村長の奥さんの親戚。

メクネスで一回クスクスを一緒に食べた仲であった。

あー、忘れてたわ。

で、朝ごはん食べたのに、食べろといわれてちょっといただいて。

そいて、少し話ししてたけど、家のことが気になって足早に帰ってきた。

帰ったら大家SAIDが

「ムーレイイドリスに滞在許可書の申請に行くか」
といわれたので、行くことにした。

もちろん、お向えのヨセフさんも一緒に。

サイードとヨセフは仲良しっぽい。

で、市役所で指定されたところで降ろしてもらって、私は申請へ。

彼らはカフェへ。

でも、実は申請の場所はここではなくて、また別の場所だった。

ということで、歩いてそこへ行って。

なんとか申請が終わった!

いろいろたらい回しにされたけど、なんとかなってよかったです。

で、待ち合わせのカフェへ行ったけど、彼らはおらず。

電話してみたら私を探してたらしい。

結構時間かかったから心配かけてしもた。

無事に落ち合うことができて、帰村。

お昼はヨセフの家でいただいた。

ムーレイイドリスから親戚のサラちゃんたちが来ていた。

で、そうこうしているうちに調整員さんから電話。

ラバトから調整員さんが浄水器を持ってきてくれました。

体調を崩しておられたみたいで。お大事に。

村での生活のことをいろいろ話しして、でも30分くらいで帰っていった。

ムーレイイドリスでパソコン持ち込んでブログをアップしまくって。

水の供給の時間が気になったけど、せっかくパソコン持ってきたし、水の供給はあきらめて一仕事を終わらせた。

で、帰村。

村に帰ったら、隣の店の店主が

「蛇口開いたままになってるんちゃう?」と。

まーーーじーーー!!!????

家に入ってみると、はい、やってしまったー

蛇口開きっぱなしで昨日の水の供給を終えてたみたい。

約30分くらい水出っ放しでした。

あーーだいぶ反省。

ということで、今日は反省の意もこめて水はためないことにしました。

今後気をつけないと。

そして、その後大家さんちへ。

カルムース(いちじく)の収穫の手伝いをした。

取れたてのカルムースと生まれたての卵とかをおみやげにもらった。

卵うれしい!!!

大家さん一家もとってもおもしろい人たちで、これからも頼ろうと思う。

子供のナジュラもかわいいし☆

ということで一日を終えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月11日(月)モロッコ文化に適応しすぎですが、なにか?

今日は10時から会合がある

でも、滞在許可書の申請と電話と水道の契約も終わらせたい。

ということで、一か八かでとりあえずムーレイイドリスに行くことにした。

8時ころ外に出ると、今グラタク行ったとこやで、と。

どうやら大家さんもムーレイイドリスに行くらしく乗せていってもらうことに。

ちなみにこの子は大家さんの娘ナジュラ。とっても恥ずかしがりや。

P1010566

出発したのは9時。

もう、どう考えても10時に帰ってくるなんて無理やのに、何を思ったのか私はムーレイイドリスへ向かっていた。

そして、一緒にカフェで朝ごはん。

さっき食べたけど。

そして、電気の契約しに行ったけど、なにやらできなかったらしい。

よく分からんかった。

そして、滞在許可書の申請ができるらしい市役所みたいなところへ連れて行ってもらってバイバイ。

そのときすでに10時すぎ。

心のどこかで、「でも、今は村時間では9時のはず。」とか思いながら待つこと30分。

そこのリーダーらしきひとが出勤してきて、私はそこへ通された。

滞在許可書申請したいんですけど。と書類を渡すと。

「ここじゃないよ」と。

がーん。ここって聞いてわざわざやってきたのにー

でも、滞在許可書を申請できる場所を教えてもらえたからよしとしよう。

一つ一つゆっくりゆっくり。

その時すでに11時。

市役所の前でタクシーを待つ。

来ないから、荷物運ぶ用のトラックが通ったので、それに乗っけてもらってムーレイイドリスの中心まで戻った。

急いでグラタク乗り場へ。

カルメット行きは私で一人目。

あーこんなときに限って誰もおらんやん。とかあせりながら待ってると

なんと大家さんSAIDがちょうど通りかかって、拾ってくれた!

ホブスを買ってから帰るね、といって、のんきにパン工場へ。

せっかく来たしと思って私ものんきに写真とか撮ったりして。

P1010568

で、村に着いたのが11時40分。

もしかしたら誰か待ってくれてるかも、と思って会議の場所(青年の家)へ行ってみたけど、やっぱり誰もいなくて。

あーやっちゃったー

でも、今日会わないと、女性組織の人との関係が悪くなったらいやだーと思って(そしたら、今日はおとなしくしといたらよかったのに、とかまた一人つっこみ。)、とりあえず、近所の水組織のにぃちゃんのとこへ行った。

このにぃちゃんはフランス語話せるので、今朝起こったことの一部始終を話しして、女性組織の人の家知ってるか?知ってたら連れて行ってほしい!

と頼んだら、知ってるよ。ちょっと待ちなー。と。

よかったー!!!

「でも、とりあえずコーヒーでも飲んでけ。」と。

今は女性組織の人たちのてことしか考えられないよー!と言ったら

「遅れたことなんてまったく問題ないよ、そんなこと」

やって。

そうでっかー

で、コーヒーとホブスを出してくれたから、ホブスをやけ食いして、コーヒーも一気飲みして。

にぃちゃんの妹が家まで連れて行ってくれた。

土曜日に会った女性組織の人ズホラの家へ。

ズホラは特に怒るでもなく、なんでこなかったの?とか聞くでもなく。

でも、私はとりあえず、謝っといた。

で、仕事の話。

ズホラとはアラビア語でしか会話できないからお互い一生懸命話した。

理解度25%。

彼女が作った刺繍の品々も見せてもらった。

なかなかのもの。

でも、大きいのだとワンセット作り上げるのに3ヶ月かかるらしい。

値段も25,000DH。日本円で4万円くらい。

旅行客には向いてないかもなぁ。

もうちょっと小物をたくさん作ったら旅行客向けに売れるかもな。

とりあえず、各家でそれぞれが品物を作って、村で結婚式があるときに売ったり、たまにはメクネスとかフェズとかで売ったりしてるらしい。

よくしくみがわからん。

誰かが品々を集めて売りに言っているのか、品を置いてくれる店がメクネストかフェズにあるのか、それとも自分で売りにいっているのか。。。

その辺聞きたいけど、質問は通じているようだが返事が聞き取れん。

でも、旅行客向けに売ったりもするし、同じ村の人で結婚式をあげる人向けに作ったりするらしい。

まぁ、おいおい分かっていくであろう(と望みます。)。

で、そこでランチをいただいた。

ここの家は村の上の方で、結構貧しそうだった。

食事も質素なかんじで。

でも、なんだかやさしい人でよかった。

土曜日来てたもう一人の女性組織の人マリカも来て一緒にお昼寝。

マリカはなんと28歳らしい。

ズホラは37歳。

どっちも独身。

マリカは、お父さんが亡くなってて、妹たちがまだ学生だから働かなあかんから、結婚できひんねん、と言っていた(と思う。)

ズホラも両親の世話をしている様子。

マリカは年も近いし、なかなかかわいいし、感じもいいし、仲良くなれたらいいなーと思う。

組織自体は、どっかに集まって活動しているのではなく、各々の家で活動しているから、どうやって私が介入していったらいいのかちょっと難しいな。

とりあえず、ズホラとマリカと親しくなって、だんだん輪を広げていこう作戦かなー。

一緒に新しく旅行客向けの商品を考えたりしながら。

語学に大きな壁があるけど、とってもいい人っぽいからよかった。

愛想つかれる前になんとかコミュニケーションできるように頑張ろう。

とりあえず、木曜くらいにもう一回家に行って、「こんな商品作れる?」とかいって絵でも書いて行こうかな。

これがマリカとマリカがつくったベット用のシーツ

P1010571

家に戻ったら大家さんがメロンをくれた。

昨日は自家製オリーブオイルを1.5リットルのペットボトルにいっぱいくれたし。

大家さんサマサマやで。

さ、明日は調整員さんがラバトからやってくるのでもう寝るとします。

しかし、今朝はあせったけど、時間にルーズな文化でよかったよ。

でも、今後気をつけようと思う。信頼なくしたらえらいこっちゃやで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月10日(日)ここは高級住宅地!? 

8月10日(日)ここは高級住宅地!?

朝からシーツとかを洗濯して。

もうすることがなくなったから散歩でもしよーかなーとか思いながら外に出た。

まぁ、内心、今日は誰の家でお昼ごはん食べれるかなーとかも思いながら。。。

そとに出ると、お向えさんが赤ちゃん抱いて外にいたので、その赤ちゃんをあやしながら時間つぶしをしていた。

ちなみに一番左が大家さんのSAID。

P1010553

そしたら、中に入るかい?といわれて、何もすることなかったから「うん」といって家へ進入!

とりあえずアッチャイをいただいて。

中で子供たちを遊んでいた。

赤ちゃんのお母さんはフランスで英語の先生をしているらしいので、英語が堪能。

私が英語のほうが得意やって言ったらそっから英語での会話になってしまった。

まぁ、しゃーないか。

今はバカンスの時期なので、出稼ぎしている人とか、フランスで生活している人とか、都心に出て生活している人とかがみんな帰ってきている。

なので、村はにぎやかなんだと思う。

ここの家もそのうちの一つ。

いつもは3人しかこの家にいないらしいけど、今は8人もいる。

そうこうしているうちに、お昼ご飯がでてきた!

サラダとかタジンとか。

おいしー

しかも、ここの家の人は「クーリ攻撃」(クーリとは食べろの意。もっと食べろ!もっと食べろ!とモロッコの人たちは絶対に言う。)があまりない。

とっても居心地がよかった。

そして、食後もオリンピックの柔道を見ながら子供と遊んだりしてた。

ここの家も金持ちっぽい。

実は私がいる界隈は高級住宅街なのか!?

「街」といっても4軒くらいしかないけど。

そうこうしているうちに、赤ちゃんママが「ムーレイイドリスに髪の毛切りに行くけど一緒に行く?」と。

今日はとことんこの家族と過ごしてみようと思っていたので一緒に行くことにした。

赤ちゃんと妹とだんなも一緒に。

ムーレイイドリスにお姉さんが住んでいるらしく、とりあえずそこへ。

そこにはかなりキャラが濃いおばあちゃんがいて。

そのおばあちゃんの「クーリ攻撃」はすごかった。

これ食べな帰ったらあかん!とか言って。

いっぱい食べた。おなかいっぱいじゃー

そこの家の娘ちゃんたちは日本人が家に来たのがむっちゃうれしいみたいでいっぱい話してきた。

赤ちゃんママが美容院の間、ムーレイイドリス観光もしてくれて。

すごいおしゃべりでずーっと話してきた。

私はうんうんとうなずくだけ。

結構疲れた。

で、ニューヘアで赤ちゃんママが帰ってきて村へ帰村。

バイバイしようと思ったら

「夕飯たべて行ってよ!」

と言われ、おなかいっぱいやったけど、ハリラをおいしくいただいた。

今日は朝の11時くらいから結局22時くらいまでこの家族と過ごした。

おかげで充実した日曜日になったー

さて、明日は10時から女性組織の人たちと会合。

でも、いろいろせなあかん手続きもあって。早起きしてムーレイイドリスへ行って、10時に戻ってこれるかな。。。

とか考えながら寝た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月9日(土)スークと会議の日

今日は週一でスークがたつ日。

朝から騒がしくタクシーが行ったり来たりする音が聞こえてきた。

私の家は村の入り口にあります。

一応メインストリート(?)。

だから、朝は結構人の声がする。便利な場所です。

私も!と思いながらバナナとコーヒーで軽く腹ごしらえして外に出てみた。

そしたら、ご近所さんたちも外にいて

「ムーレイイドリスかい?」と。

「うん!今、家になーんにもないから、野菜とかいっぱ買わなあかんねんー」

と言ってると、大家さんSAIDもムーレイイドリスに行くからい一緒に乗っていったらいいやん、と言ってくれた!

大家さんは苦荷台つきトラックを持っててそれで行くらしい。

どうやら家の隣の店の品々は大家がムーレイイドリスで入手しているっぽい。

ということで、トラックの助手席に2人乗って出発!

スークは想像以上に大きかった!

すごい!何でも売ってる!

野菜とかはもちろん、服とか食器とか、調味料とか卵とか羊とか!鶏とか!!!

SAIDは羊の値段を聞いていた。

私はせっかくトラックがあるから大きいものを買おうとたくらんで、

「今日は部屋に敷くゴザを2つ買いたい。それと、テーブルも!」と言っておいた。

でも、とりあえず朝ごはんをカフェで。

バナナしか食べてなかったからありがたかった。

で、とりあえずゴザを2つ買った。

SAIDがいろいろ交渉してくれた。

あとは、野菜をとりあえず大量に買っておいた。

1週間分やねんもんね。

で、それぞれ一通り買い物終わって帰宅。

ゴザを部屋に敷いてみた。

お、なかなかいいんちゃう??

これで地べたにねっころがったりできるー!

なんだか疲れて何もする気が起こらなかったからとりあえずラバトで買っていたラーメンでお昼ご飯。

さっき野菜いっぱい買ったのに、なにやっとんねん!とかひとりつっこみしながら。

で、ちょっとぼーっとして、夕方からの会議のことをいろいろ考えた。

で、17時過ぎになったので会議の場所へ。

まだだれーも来てない。

5分後くらいにひとりのじーちゃんが現れた。

18時くらいに村長が。

中に入って埃だらけの部屋をちょっと拭いて。

そしたら女性が2人と男性が2人現れた。

始まったのが18時半くらいかな。

1時間遅れ。まぁ、上出来か!?

ってか、なんや、女性も来るんやん。

で、村長がアラビア語でJICAボランティアのことを説明してくれて、で、私はとりあえず知ってるアラビア語で名前と職業を言って、後はフランス語でちょこっと自己紹介。

そいでもって今日は4つの住民組織の代表が来てたのでそれぞれの住民組織の説明を受けて、それに対する質問をした。

     女性組織

彼女たちの活動はクスクスの手作り、裁縫、羊の飼育の主に3つ。

活動はときどき。場所は決まった場所はなし。

代表者はカサブランカにいるらしい。

     農業組織

フランスのNGOが来て、無農薬での育て方を教えてもらい、それを続けてやっている組織

フランスの支部みたいな感じで、カルメットには2人のメンバーがいる。

でも、ここは水があまりないのでそれが今問題となっているらしい。

     水の組織

水道料金の徴収から水の供給のことまですべてしている組織。

行政っぽい。

今は24時間供給できるように他の水源を見つけて水質分析をする必要があるけど、まだできていないという。

     はちみつの組織

村長が代表者。

あまりよく理解できなかったけど、とりあえず今計画中のものは、はちの巣を村のいくつかの家で持ってもらって、それぞれの家で蜂蜜をつくるってことらしい。

     村でのホームステイ受け入れ

これは村長が計画中のもので、旅行者を1泊なり2泊なり村の家で受け入れて、プチ村生活を体験する計画らしい。

これ、ペルーで私体験して、むちゃいい思い出になったやつと似てる!

これがもし実現したら、女性組織で作ったものとか、無農薬野菜とかはちみつとか、ぜーんぶ連携させてできるやん。

これ、絶対実現させたいなー

まずは受け入れ先の家を選択をしなあかんねん、とか言ってた。

いろいろ計画はあっておもしろそうやけど、どうやっていったらいいのかいまいち先が見えない。

女性組織のメンバーととりあえず月曜日に会う約束をした。

何を話そうか。。。

というか、女性たちはアラビア語しか話さないみたいだったし、なんだかめんどくさそうにしてたから、うまくやっていけるのかな。

ちょっと不安。

でも、女性組織と一緒にいろいろするのが一番よさそうやな、って思うからとりあえずアタックしてみようと思う。

とかいろいろ考えながら、会議後、水の組織の代表者が私のご近所さんやって、家に呼ばれた。

ちょうどグテの時間(おやつの意味やけど、時間はもう8時半くらい)やって。

アッチャイとホブス(パン)とオムレツを少々をいただいて。

おなかすいてたからうれしかった。

この家はだいぶ広い。

牛2頭もいるし。

牛の乳搾りの時間で乳搾り体験をさせてもらった。

家でバターとかも作っているらしい。

ここの村民はほんとに自給自足って感じ。

たいていの家の庭には野菜とか果物植わってるし、動物も飼ってるし。

オリーブオイルかって自分ちで作ってるらしいし。

で、その家でオリンピックのニュースを見たりして時を過ごした。

いい時間になったので、帰るわっていって帰宅。

明日もおいでよ!!!とか言われながら分かれた。

外に出ると大家さんとかお向えさんとかが外で話してたからちょっとその輪に入って、眠くなったので帰宅。

明日はなにしよっかなーとか思いながら寝たのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月8日(金)金曜日はクスクスの日

ということで。

朝から大家さんと役場に登記しにいかなあかんけど、昨日、大家さんと時間の約束してなかったので、いろいろ考えながら、とりあえず8時に起床。村時間では7時。

昨日体を洗わず寝たので、とりあえず体を洗うことに。

人生初やかんのお湯での入浴タイム!!

このために、一番大きいやかんを買っておいた。

それに昨日一生懸命ためた水をいれて沸騰させて、

バケツいっぱいの水を横において、たたみ一畳もない狭いモロッコ式トイレ(床に穴が開いている)にイスを置いて。

結構さぶい。

今はいいけど、冬はやっぱり一週間に一回のハンマム(公衆浴場)に頼るしかないかな、とか思いながら一生懸命洗った。(ハンマムはムーレイイドリスにあります。村にはない。)

やかん一杯でちょうど。

バケツの水も全部使った。

なるほど、これくらいでいけるのね。

終わって朝ごはんどーしよっかなーとか思いながら、とりあえずバナナを食べて。

最高の景色を見ながら。

P1010532

とにかく、大家さんと時間の約束をしようと思い、テラスから「SAID!」と叫んでみた。

そしたら、おばあちゃんが出てきた。

サイードね、ちょっと待ってね。と

いうような感じだったので待ってたけど、一向に何もないので家を出てみた。

私の家は2階建ての2階部分。下は倉庫みたいで、商店があります。

家を出ると、フランス語が話せる商店の店主(この人もいい人でちなみに名前はSAID)がおって、

「家主のSAIDは今日メクネスに行って月曜日まで帰ってこないよ。家の契約のことでしょ?彼もちゃーんと分かってるから彼が帰ってきてからしたらいい」

と。

まー、ちゃんと彼も分かってるならいっか。

今日は一日ゆっくり村散策でもしよう、と思って、JICAへ連絡。

そしたら、なんと、彼らはSAIDをメクネスから呼び寄せたのである。

おそるべし威力。

そこまでしてもらわなくても・・・とか思ったけど、家の契約が終わらないと、他の手続きが何も進まないので、とりあえずよかった。

村役場まで行って、できる男性秘書と女性公務員のおかげでスイスイと契約と登記が終わった。

そして、滞在許可書のことまでいろいろ教えてくれた。

でも、電話の契約のことを聞くの忘れたー

まぁ、一つ一つゆっくりゆっくり。

朝ごはんバナナだけやったから、かなりお腹がすいてきて。

できる女性公務員のDohaさんは英語も多少話せます。

なので、私には英語で話してきます。

私もフランス語より英語のほうがまだ話せるので、その方が理解できるけど、フランス語の勉強もしたいから、頑張ってDohaさんにこれからフランス語を教えてもらおうと思う。

そう、このDohaさんと話がはずんで、クスクス招待ゲット!

いえい!

そうそう、モロッコでは金曜日はクスクスの日。

というか、金曜日はモスクに行ってお祈りをするのが良しとされていて、お祈り後にクスクスを食べるらしい。

クスクスは週1回しか食べれなくって、みんな楽しみにしている。

私もすっかりモロッコ人で、金曜はクスクスが食べたい。

今日はどっかの家でクスクス食べたいなーと思ってたから、

「クスクスすき?」

って聞かれたときに、よっしゃきたー!と思って、「だーいすき!!」といつになく笑顔で即答。

「じゃ、家においで、クスクス一緒に食べよう!」と。

もちろんよろこんでいただきまーす!

モロッコのアンビテ(招待の意)文化好きです。

モロッコ料理は大皿にどかんと用意してそれを手でみんなでつついて食べるので、一人や二人増えても平気。

人を食事に招待するのがとっても好きなモロッコ文化。

一人暮らしにはとても大きな味方!!

ということで、役場から徒歩で下ること15分。

御用達の銀行の近くにDohaの家はありました。

モロッコタイルが素敵なおうち。

いいなー台所も使い勝手よさそう。

やっぱいろいろ家具そろえよっかなー。

Dohaには4歳の娘ちゃんと何歳か聞きそびれたけど7歳くらいの息子さんがいます。

二人ともとーっても人懐っこくてすぐにうちとけた。

私に一生懸命アラビア語を教えてくれて。

とりあえず家に着いたらハリラ(スープ)とホブス(パン)とカルムース(いちじく)を出してくれた。

カルムースはいつも食後に食べてたけど、これはハリラと一緒に食べるらしい。

Dohaの旦那がこうやって食べるんだ!と見せてくれた。

なんと、カルムースを皮ごと頬張って、口に入れたらハリラを飲む。

私ももちろん試してみた。

ハリラの味でカルムースの味がなくなって私的にはカルムースだけで食べたいところやけど、とりあえず

ズイーナ!!!(おいしい!)

と言っておいた。まぁ、おいしいことには変わりないので。

でも、カルムース、皮ごと食べれるなんて知らなかったわぁ。

今までいっぱいカルムース出てきたけど、モロッコ人もみんな皮むいてたような気がしたけど?

全然食べれる。普通においしいし。

でも、多少衛生的な面で心配なので、自分で食べるときはやっぱし皮をむこうと思った。

そして、また子供たちと遊びながら、Dohaのクスクス教室を聞いたりして、時は過ぎていった。

そして、クスクス完成!

小さい子供がいるのに、結構ピリリと辛いクスクスだった。

まじうまい。

先週の村長の奥さんのクスクスと張るくらいおいしい。

でも、やっぱ村長の奥さんのクスクスが今までで最高かなー。

で、オリンピックのニュースを見ながら、ちょっと休憩して。

水の供給が始まるので家に帰ることにした。

家にテレビないからオリンピック見られへんなぁ・・・

お店で聞いたらテレビの一番小さいので700DH。衛星テレビ設置で100DH。

あわせて800DHか。14000円くらい。高くないな。どーしよっかなー

でも、日本でもあんまテレビを見ない私が果たして見るのか!?

でも、テレビは語学の勉強にもなるし、考えてもいいな、と思ったり。

まぁ、おいおい。(こればっかり。)

そして、ムーレイイドリス散策をちょっとして、グラタク乗り場へ。

カルメット行きは私で一人目。

タクの運ちゃんが集まっているカフェで座って一緒に話をしながら待った。

私がアラビア語はなすのが面白いみたいで、(といっても、今日暑いねーとか、名前とか日本人や、とかカルメットに二年住むねん、とかしか言ってない。。)会話が結構はずんだ。

待つこと20分くらい。5人で出発!誰かが2人分払ったんかな、とか思いながら乗った。

途中で新たな客を乗せたりしながら村に着いて。

さ、二度目の水供給!

今日は外にある水甕の水で台所を掃除して、広いテラスにも水をまいて水を全部使って甕を洗って、新たに水を入れる計画。

成功しました!

というのも、明日17時半から会議を開催するんだけど、それに参加してたら、水の供給の時間は会議やん!えらいこっちゃ。

村落(村落開発普及員のこと。私の職種です。)の補完研修(3月の東京で5日間あった。)の時に、「会議を開催しても、時期と時間をちゃんと考えな参加できる人限られるよー」

って聞いたけど、まさにこれや、と実感。

外部者の視点で勝手に会議の時間とか場所を設定しても、村の生活に一致してなかったら参加してもらえない。

ちなみに、今回時間を決めたのは村長。

村長は村で生活してないから、水の供給の時間のこと考えてなかったんやろな。

でも、今回に限っては、たぶん大丈夫。集まるのは私以外みな男性。

家のことは女性がやっているので、困るのは私だけ。(笑)

基本的にモロッコ女性は男性を一緒のところにいない。

女性グループの会議には村長すら参加しないらしい。

都会ではバリバリ男性の中で働く女性もいっぱいいるけど、ここは村。

やっぱりそういう宗教的な側面が色濃い。

で、話は戻って、大きな水甕を洗ってそこに新しい水を入れることに成功!

今までこの水甕はテラスにあって、日中日光に当たってぬるーくなっていたので、家の中で保管することにしました。

洗濯もしたし。今日もいい働きをした!

そして、今夜は何を食べようかなーとか思いながらぼーっとしてると、ドンドン!とドアをノックする音が。

そう、大家にまだ家賃を払ってなくて、請求に来られました。

フランス語を話す商店の店主を仲介に領収書をもらったりして終了。

部屋の鍵の調子が悪かったので、修理までしてもらった。

そして、大家さんから、庭で取れたというカルムースをもらった!

やったー!カルムース大好きやし、今家になーんにもないからまじうれしい!!

明日は土曜日。

土曜日はムーレイイドリスにスーク(朝市)がたつ。

明日は早起きしてムーレイイドリスへ買い物しにいって、夕方5時半から会議だべ!

やっば、会議で何言うかまったく考えてない。

今から考えまする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月7日カルメット村での生活開始!

注:長いです。時間があるときにゆっくりお読みください。

いよいよ始まった。

村長は昨日からモハメディアというラバトの近くのところへ行ってしまった。

ので、私は一人で支度をし、御礼も言えずに村長の家を出た。

JICA車でカルメットへ!

カルメットへ行くのはもう4回目。

見慣れたすばらしい景色をよそにうたたねしてたら着いた。

まず、家のセキュリティチェック。

そして、鍵の交換。

鍵は、もともとついているのだったら、工事している間にコピーされてたら危ないから交換するらしい。

でも、ここはほんとうに田舎なので、そんなことする人はいなさそうですが。

なんだかせっかくつけてくれてた鍵を大家さんの目の前ですべて変えるってのは大家さんに申し訳ない感じがした。

ま、でも安心して2年間住むほうが優先なので、そのへんは開き直ることに。

2つある部屋のひとつを台所みたいにして、冷蔵庫とコンロをおいて、

P1010541 もうひとつを寝室みたいにして、マットレスと小さいテーブルを置いて、ゴザを敷いた。

マットレスの下はダンボールを敷いた。

今日設置したのは、これだけ。

服入れるキャビンみたいなんも買っとけばよかったーと今になって思うが、メクネスでは、村長を振り回して買い物していたので、なんかいろいろ遠慮してしまってんよね。。。

ま、おいおいそろえていきます。

っていっても、この辺ではなーんにも売ってない。

オーダーメイドしてテーブル買おうか迷い中。(注:オーダーメイドしかない。)

ちなみにこれがトイレ。

P1010539

JICAからきたセキュリティチェック係のアミンさんに掃除までさせてしまった。

床はコンクリートなので、水をぶっかけてブラシでごしごし。

買っていた掃除用のラベンダーの香りの液をばしゃばしゃ使って。

でも、壁はペンキ塗りたてなので、ペンキの匂いがしてちょっとくさい。

そのうち消えるかなー

テラスには、大家さんが気をきかしてくれて、洗濯干す紐もつけてくれてた!

もしなかったら頼もうとしていたから、むちゃうれしかった!!!

わたし、大家さん好きやわ。控えめで、気が利くし。

大家さんはアラビア語しか話せないので、契約のややこしい細かいことをアミンさんが説明してくれた。

よかったー

いろいろなややこしい決まりも、大家さん快諾。

でも、この村でこの家にしてはだいぶ高値やと思うから、それくらい我慢してね。

大家さんは私の家の下に住んでるから(注:私は山の斜面にへばりつくような村に住んでいるので、下といっても、一階と二階とかではなくって斜面の下ということ。)、安心やし。

後は契約書を完成させて、明日、役場に登記しに行って、滞在許可書に電気水道、電話の契約。

あー、初めはいろいろせなあかんことがいっぱいで、大変やー。

で、ひととおり家のことが終わったので、みんなでムーレイイドリス(村から車で15分くらいの少し大きな村)にて食事。

大家さんのおごり。

ケフタというスパイシーなハンバーグみたいなんの串焼きを食べた。

だいぶうまい。ズイーナ。

でも、調整員さんが、前にムーレイイドリスでケフタを村長のおごりで食べたら、おなか壊したっていう話を聞いていたので、大丈夫かな?とか思いながらも、家にまだ何もないので、とりあえず食べれるときに食べとかな!と思って、いっぱい食べたった。

おなか壊したら、出せばいいねんさ。

で、食べて、みんなとお別れ。

アミンさんたちはモスクでお祈りしてからラバトに帰るといって、モスクへ消えていった。

私はとりあえずネットカフェへ。

なんと、ここのネットカフェでは日本語読むこともできない。

書くことはもちろんできないけど。

読むことができないなんてー。がびょーん。

にーちゃんに、「自分のコンピューター持ってきたらネット使える?」って聞いたら、「いけると思うよ。」やって。

「思うよ」って。どないやねん。

でも、今度試してみようと思う。

しかし、私のコンピューター(東芝QOSMIO)はテレビも見れちゃう優れものやよって、かなり重いのよね。。。

村から脱出するには、グラタク(乗り合いタクシーの意。グランタクシーを略してグラタクと日本人の間では言うらしい。)に乗らないといけない。

グラタクには前にも書いたけど、助手席に2人、後部座席に4人乗る。普通のベンツの車に。

そして、モロッコ人は日本人のようにスマートではないので、結構ぎゅうぎゅう。

いわゆる凸凹の法則を採用しなければ座れない感じ。

(凸凹の法則とは、背もたれにもたれる人とそうでない人が交互になると、みんなが背もたれにもたれるよりも多くの人が入れるという法則。)

何が言いたいかというと、あまり大荷物で行きたくないということ。

でも、一度試してみようと思う。

で、もうすぐ水の供給の時間が始まるから(17時から18時)、急いでグラタク乗り場へ。

ここでグラタクの乗り方をお教えいたします。

グラタク乗り場にはたくさんのタクシーがあって、同じ目的地に行く人が6人集まらないと出発しません。

急いでいるときは6人分のお金を払えばいい。

私が行ったときはすでに4人いて、私が来て5人。ちょっと待ったら一人きて、5分くらいで出発した。

ラッキー。

これが初めて自分でグラタクに乗った記念すべき第一回目。

なんだか大人になった気分。

そして、自分の家の前についたので、ここで降りる!と片言アラビア語で言ったらちゃんと止まってくれた。

もう大丈夫だ。私はここで生きていけるわ♪

と思いながら帰宅したのでした。

さぁ、これから人生初1時間の水の供給。

とりあえず、既にあった水瓶に入っている水がきれいなのかどうなのかよくわからないけど、これを捨てるのはとってももったいないのでトイレ用ということにして、新たに買った水がめたちに入れる計画にした。

買っていた食器たちを洗わなあかんし、

服も洗濯したいし、一時間で終わるかしら?

17時から始まると聞いていたけど、17時15分くらいから実際は始まった。

供給といっても、ちゃんと水道が通ってて、蛇口を開けば水が出てきます。

ただ、計画断水をしているということ。

蛇口はトイレにただ一つ。

そこにホースをつないでテラスへもって行き、とりあえず食器を洗いまくった。

次に洗濯をした。

そして、水甕に水を入れた。

最後のバケツに水を入れている途中で水が出なくなりました。

水の供給が終わったのはちょうど18時。

始まるのは遅いけど、終わるのはぴったしかい!

とかつっこみながら、でも、初めてにしてはなかなかの手際のよさやったんちゃう?と自分で思いながら、次は夜ご飯のことを考えた。

そうそう、ここでもう一つカルメット村で生活するうえで注意すべき点があります。

今、モロッコでは夏時間が採用されていますが、ここはそんなハイカラな制度は採用されてません!

なので、私の時計では18時でも、カルメットでは17時。

これ、まちがえると、水使えません。

私は、村でも夏時間が採用されてるのか!?って半信半疑だったので、水の供給が17時からと聞いたときに、夏時間?ときいたら、いや、『昔の時間』と答えられたので、「あー、ということは、夏時間では18時ということね」、と確認していたのであーる。

我ながらいいこと確認した、とそのとき思ったのであーる。

そして、さらに、終電ならぬ最終グラタクがあります。

カルメット行き最終グラタクは18時。夏時間では19時。

こんなんあるとは思ってなかったので、びっくり。

まぁ、水の供給が始まる時には村にいないといけないので、大丈夫ですが、夜のムーレイイドリスを見ようと思ったらホテルに泊まらなあかんってことなのねー。

で、久しぶりの自炊。

とりあえず、大量購入しておいた米をたくことにした。

よく洗うといい、と料理上手なかわいい調整員の奥さんのアドバイスどおり、米をよく洗った。

でも、洗っても洗っても水は真っ白。

そして、洗うごとに米が小さくなっていくような。。。

そのうち粉々になるんちゃうか、って思ったから、ある程度でやめた。

ていうか、米って水をいっぱい使うこと判明!

日本はやっぱり水が豊かな国やねんなー。

で、鍋で米を炊くこと30分。

出来上がった!

日本の米のように米が輝いて一粒一粒ふっくらという感じにはならなくて、ぐちゃってなってしまったけど、味はおいしい!

久しぶりの、米に感動しながら、日本から持ってきたのりとお母さん特性梅干でとりあえず腹ごしらえ。

もうこのときは9時くらい。

なんや、すっかりモロッコ人的体内時計になってしもてるなー

それもそのはず、今は日が沈むのがとっても遅くって8過ぎに日が沈む。

よって9時くらいにやっと暗くなる感じ。

なので、今日は米と買っていたバナナとトマトを食べて終了。

テラスに出て、上を見ると、☆☆☆!!!

天の川が見えまする。

楽しみにしていた星空。

ほんとにきれい!!!

テラスからの夕日も最高。

ちょうど目の前の山と山の谷間に日が沈んで行ってて、それが目の前で見れます。

P1010549

まわりはオリーブの木と小麦畑。

景色は最高です。

寝袋持参でどうぞお越しください。

そして、今日はもう疲れたので、寝ました。

といっても12時。






















そしてテラス。

P1010533

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月6日 まちぼうけな一日

まちぼうけな一日

今日は朝から村長の娘さんのまりあんと一緒にむーれいいどりすまでいった。
そこは任地から車で15分くらいのところにある村。
そこに、この間買った冷蔵庫とマットレスが届く予定になっていたのである。

朝の9時半くらいに着くと言われていたので、わたしたちは早起きして9時過ぎにむーれいいどりすに着いた。
そこで待つこと1時間。
来ないので電話してみると午後の5時になると。

え???

まぁ、モロッコは待たされる国やっていろんな人から聞かされていたからまぁ、しかたがないか。とか思いながら、まりあんのおばあちゃんの家が近くにあるというので、そこでランチいただいて時間をつぶした。
5時前に、ほんとに着きますか?と電話してみたら

7時になる

と。

???????

まぁ、モロッコは待たされる国やから。。。

ということで、7時までおばあちゃんたくにいて、7時に約束の場所へ。
1時間待てどもこないので、電話してみると

車が故障しててまだ着きません。

はい???????

冷蔵庫と出会えたのが夜の10時を過ぎたころ。
朝9時から13時間も待たされた。

人生最長や。

今後モロッコでこれ以上またされることのないことを願うばかりです。

体長は、もう元気になりました!
明日からいよいよ村での生活が始まります。
わくわく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

8月3日~4日 決戦は日曜日~カルメット村結婚式編~

8月3日~4日 決戦は日曜日~カルメット村結婚式編~

さぁ、いよいよやってきた。

結婚式はラバトで一回行ってその後すこぶる体調を崩したので、気合を入れていった。

でも、やっぱり今日も熱っぽい。

でも、なんでそこまでして結婚式に行ったかというと

①村中の人が集まるといってるので、顔を売るのにてっとりばやい

②村の結婚式に興味がある

③結婚式に行くといったらから、約束は守りたい。

ということ。

昼ごはんはメクネスの村長宅でとって。

カルメットへ行ったら、またごちそうがでた。

鶏肉の焼いたのと、羊のタジン。

なぜか、私は、男性陣の中につれられた。

そこにはイギリスに住んでるというモロッコ人がいて、その人いわく、こっちに来たほうがコミュニケーションとりやすいから、こっちにつれてこられたんや。親切心やから心配せんでいい。と。

なんだかちょっとでも言葉がわかるとこんなにほっとするねんな、と再確認。

みんな、あなたのこと「親切やで」と言ってたよ。と。

なんもまだしてないですけど?

でも、そういってもらえてるなら、よかった。

昼ごはん(?)後、そのイギリス在住モロッコ人とその友達と村散策。

会場から出ようとしたら、また女性たちが、どこへいくの?と。

ちょっと散歩して帰ってくるよ、とその男の人が言ってくれて、みな納得。

まぁ、ただ単に、心配してくれてるだけかな、とか思ったり。

プラス思考でいこう。

村には井戸があった。

そして、やっぱりごみがいっぱいたまってる場所があった。

ごみ問題、どうにかしたいな。

ちょっとずついろいろ調べていこうと思う。

でも、ほんとに静かでなーんにもない村。

でも、景色は最高。

で、花嫁と花婿が来るまでみんなは会場で踊ったりしながら待っていた。

私は自分のジュラバに着替えて。

でも、ラバトでも結婚式はみんなカフタンとか着てたけど、(ジュラバは普段着で、カフタンがいわゆるパーティの時にきるようなちゃんとした豪華なもの)ここは、カフタン着てる人もいたら、パジャマみたいな格好の人もいて、なんだか貧富の差を感じた。

私は、だからべつにズボンとティシャツでもよかってんな、と。

ジュラバくらいにしといてよかった。

そうこうしているうちに、新郎新婦は車で登場!!

音楽舞台が周りを囲みながらゆっくゆっくりやってきた。

花嫁はベールで顔を隠して。

花婿はワイシャツとパンツ。

会場についたら、日本でいう三々九度みたいな感じで花婿が花嫁にお菓子を食べさしてて。

会場の二階部分からお菓子とかお金を振りまいて、下にいるみんながそれを拾ってた。

その後、花嫁と花婿が別室に行って、鍵かけて、そっから3時間くらい出てこなかった。

その間はみんな外で話したりしなかったり、ダンスしたりしなかったり。

会場は熱気と暑さでかなりの温度。

P1010517

汗ぼたぼた出てくるし、ほんとつらかった。

途中で外に出たりして温度調節してたけど、ほんとに40度は軽くいってたと思う。

いっぱい話ししたのと、砂埃と乾燥とで、私ののどはやられる一方。

そうこうしているうちに、夜ご飯。

メニューは昼と一緒。

さっき食べたけど、と思いながらも食べて。

で、また何時間か過ぎて、花嫁が登場。

花嫁は会場の前にある即席ソファーに腰掛けて。

花嫁はにこりともせず。

花嫁はヘンナをしてもらってた。

その周りでみんな踊ったり話したり写真撮ったり。

カメラを持っている人が私とその他2人くらいしかいなくて、

ゆりこ、写真撮って撮って!と言われまくりました。

で、花婿は普通の格好で外で男どもと話をしている模様。

そうそう、花嫁の会場には女性しかいないのです。

で、2時過ぎころ、なんかみんなが外にでたので、でると、花婿ともう一人の男性が二人でベールをかぶって、音楽隊と男性人に囲まれてやってきた。

これはカルメット村特有のものらしくって、モスクでアザーンというお祈りをして、戻ってくるそう。

そして、お皿にはヘンナが。

P1010527

手のひらに一つまみずつヘンナを握り締めて、その儀式が終了。

その後、花嫁と花婿はやっと二人並んで会場の前にある即席ソファーに座るのでした。

その後、写真撮影タイム。

P1010291

時計の針は4時を指す。

もう、わたし、のどが痛くて、鼻でるし、熱っぽいし、もう限界なんですけどー

と思ってると、ひとりの女の子が、

「寝たいの?」と。

「うん!」

というと、別室に連れて行ってくれて寝させてくれた。

コンタクトだけとって寝たのでした。

次の日、かなり頭が痛くて、とりあえず起きて、朝ごはん食べて。

11時に村役場に村長と約束してたから、それを村長兄に言って、グランドタクシー(乗り合いタクシー)で村役場まで。

普通のベンツの5人乗りの車に、助手席に2人、後ろに4人乗ります。

でも、結構大丈夫だった。

村役場では昨日結婚式で会った人もいたりして。

村長にいろんな人を紹介されて帰ってきました。

そして、今日は8月5日。

朝から熱があって、一日村長宅で休養。

でも、気温も暑いから、熱なのか気温のせいなのかよくわかりません。

でも、とにかく、ほっといてくれるので、この家は楽です。

明日、家の工事ができ上がる予定!

あさってには家に住めます。

はやく自分の家でゆっくりしたいですー

結婚式で感じた村事情

     女性は若くして結婚(17歳ですでに3人の子持ちの子あり)

     女の人は学校にいっていない。よって字も読めない。

     私といっぱい話しした4人女性みんながお腹痛いと言っていた。

     子供は小さいうちにいっぱい死んでしまう。(村長兄は4人のうち2人を亡くしている)

     みんながみんなのいろーんなことを知っている。(メクネスにいったあの人がどんな家に住んでて、あーだこーだとの噂話していた)

     村は概して大家族(村長は5人の男兄弟と2人の女兄弟あり。でも同じ母親ではなく、村長の実母は亡くなったらしい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月2日カルメット村にて

8月2日カルメット村にて

朝からちょっと熱っぽい。

でも、メクネスにいる間にいろいろ買い物しな!

ということで、朝から買い物の残りをして。

今日は奥さんも行ったから、女性ならではの視点でいろいろ買えてよかった。

で、夕方あたりにカルメット村へ。

というのも、こんなに長居するとは思ってなかったから、何も持ってきてなくて。

いろいろ取りに戻りました。

で、村長は狩りをしにいくから、あなたは、ちょっと結婚式会場に行ってみたらいい、と。

行ったら、みんなが歓迎してくれた。

ちょうど、羊の解体をしているところだった。

皮を剥いでいるところで。

P1010482









すげー

初めてみた。

こんなに早くこれを見れるとは思ってなかったので、なんだか感激。

すごく、手際よく、村長のお兄さんが解体してた。

二階にいったら、女性たちがいて。いろいろ話したりダンスしたり。

日本が大好きな大学生の女の子がいて、その子はフランス語が話せたのでコミュニケーションできた。

でも、やっぱりアラビア語わからんでぃ。

子供もいっぱいいて、かなりかわいい!

で、9時に村長と約束してたから、それを伝えたら、

「何で帰るの?明日が結婚式よ?ここで私たちと一緒に寝たらいいやん!なんで?なんで?なんで???」

と、何で帰るの?攻撃にあった。しかも、全員から。

村長のお兄さん宅で寝れるならまだしも、ここでみんなで寝るのはきついなぁ。と。

コンタクト用品も持ってきてないし、水は一時間だし(え?しつこい?)、熱っぽいし、でも、一番大きな問題は、心の準備ができてなかったということ。

でも、そんなこと言えないので

「化粧道具も服も、コンタクトの薬も全部メクネスなの!」

といったけど、わかってくれず。

別にここまで言われたら、ここで泊まってもいいような感じがしてきたけど、とりあえず、9時に村長と約束してるから、村長と話して決めるっていったものの、

なんで?攻撃。

もーーーーー!

明日の結婚式には来るからいいやん。

ちゃんと、来るから!!!

と思いながら、とりあえず、村長のお兄さんにお願いやからとりあえず家に行きたい。と言った。

そしたら、連れて行ってくれた。

村には街頭なんてあるはずもなく。

しかも、村は「山の斜面にへばりつくような村」でして。

村長兄はすたすたいくものの、わたしはタジタジ。

でも、上をみたら、星が最高に輝いてた。

すげーーー

北斗七星がどこにあるのかわからんくらい。

家に行ったら、村長はすでに帰ってきてて。

結婚式会場での出来事を言って、私は今夜はメクネスで寝て、明日結婚式に参加しにここに戻ってくると伝えたら、それがいい、と。

村長、あなた、わかってるわ。

でも、帰るときに結婚式会場にいた女性たちがなんか悲しそうな、あきれたような顔をしていたのが、ちょっと気になった。

私は、あの村で2年間生活するのに、あんな態度をとってしまってよかったのだろうか・・・

ま、でも、ちょっと熱っぽいし、今日はきついと思ったから。

と自分を慰めながら寝たのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月1日PLの花火の日。

8月1日PLの花火の日。

今書いて、気づいた!8月1日PLの花火の日やん!

そんなこともすっかり忘れて、モロッコの生活に一生懸命でした。

まずは、朝ごはん。

朝ごはんの時に、村長からいろんな話を聞けた。

まず、私の日本での仕事を紹介した。

そしたら、まぁ、村長と同じ職業なわけでして、

おーそうだったのか!!!と、なんだかよろこんでくれた。

よかった。

で、村には5つのアソシエーション(住民組織)があるらしい。

はちみつを作っている組織、女性組織、水組織、あと、無農薬野菜の組織とか。

私は、それをきいて

「もうすでにいろいろな技術が村にはあるので、私ができるのは、それをどう売るのか、どういう風に宣伝するのかということです。」

と言ったら

「そうだ!まさに、私が思っていたことだ!」

となんだかよろこんでくれた。

まだまだフランス語が話せなくって、村長が一生懸命英語で話をしてくれたりしてて(英語の方が通じるから、村長は英語で話してくれるのです。。。どんまい、ゆりこ。)、コミュニケーションが難しいけど、なんだかよかった。

その後、この日は村長を連れまわして買い物しまくった。

トイレットペーパーから水とか缶詰とかいろいろいろいろ。

冷蔵庫とマットレスも見た。

結構お金かかるなぁ。

で、今日は、もうカルメットに戻るのか、と思ってたら、なんか家が出来上がるまでここにいたらいいということになった。

まぁ、確かに、ここのほうが快適やし、他人の家で水が1時間やったら、ちょっと厳しいな、と思ってたので甘えることにした。

ここの小さい娘さんジーネブと遊びながら時を過ごしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月31日 配属の日!

P1010442 7月31日 配属の日!

朝はハジバ特性朝ごはん。

いつもよりバラエティ豊かで豪華だった。

これも最後やなーと思いながら噛み締めて食べた。

で、7時半に出発。

タクシー乗り場までハジバも一緒に。

なんか最後はえらいあっさりで、泣く暇もなかった。

でも、タクシーが見えなくなるまでハジバはずっと見てくれてた。

タクシーの中で一人で涙目になった。

さ、今日からがスタート!

気持ち入れ替えていくぜぃ!!!!

と思っていたらJICA事務所に着きました。

で、いざ出発!!!!

どきどき。

なーんにもない景色を永遠いって。

P1010455

途中で車のどっかのバンドが外れて(!)修理なんかしたりしながら、やっとの思いで、まずは配属の一番上にあたるメクネス県庁へ表敬訪問。

やり手な感じの女の人が長やった。

観光のほかにも、教育とか、健康とかの問題も今モロッコでは大きくなっているので、そこらへんもよろしく。

なんて言われた(らしい。←あとから調整員さんから教えてもらった。)

で、次は村役場へ。

ここで、カウンターパート(これから主に一緒に活動していくであろう人)となる村長に会える!と思っていたら、村長は今日は夕方まで戻ってこないそうで。

よくわからん男の人と一緒に村へ行きました。

P1010470

初めて降り立ったカルメットベンサレム。

     なーんにもない

     ほんまになーんにもない

     まじでなーんにもない

     シーンとしてる

     ロバがよく働く。

     ごみが散らかってる

そこでとりあえず、これから住むことになりそうな家を見せてもらった。

ほかの町隊員は自分でいろんな物件見て決めるねんけど、私は選択の余地がなく、隊員が住めるような家は一軒しかなかったので、そこに決定。

セキュリティの点とかでいろいろ工事の依頼をして、早ければ来週の半ばには住めるそうです。

どんな家かというと、トイレはモロッコ式。

シャワーなし。

まぁ、水が一時間ですから、やかんでお湯沸かしてお湯浴びしますよって、問題なし!

でも、部屋が二つあって、結構広いしいい感じ。

思ってたよりも快適な生活ができそうで、わくわくしてきた!

で、今日から泊まることになるであろう、村長のお兄さんの家へみんなで行った。

そこで、お昼ご飯をいただいて。

野うさぎのタジン。

肉がでてくるなんて、申し訳ないなぁ、と、調整員さんと言いながらいっぱい食べた。

明日から肉食べられへんかもよ、って言われて。

で、日曜日に村で結婚式があるらしい。ぜひ、参加してほしい!といわれたので、もちろん興味もあったし、快諾。

さぁ、また恐怖の結婚式やな。と思いながら。(だって、夜通しダンスやからね。)

で、そっから車で15分くらいのところにあるムーレイイドリスへ。

いろいろ買い物した。

ガスボンベとか水甕とか。掃除道具に砂糖とか油とか。

それを家に置いて、JICAの方々とのお別れ。

あーいっちゃったー

ということで、そっからアラビア語での会話。

指差し会話帳で会話を試みる。

あれ、と思ってたら、みなさん、字が読めないではないか!

ということで、またもや壁が。。。

でも、私がアラビア語練習してたらうれしいみたいで、いろんなことを教えてくれた。

でも、いまいち理解できず。。。

まぁ、ゆっくりゆっくり。シュイーヤシュイーヤ。

そうこうしているうちに、調整員さんから電話が。

「今夜はメクネスにある村長宅で歓迎のソワレがあるそうなので、今夜はメクネスでとまったらいいと村長は言ってるけどどうする?村長はあとちょっとでカルメットに着くらしい」

「もちろん、いきます!」

ということで、昼寝したりしながら待つこと2時間くらい。

これがちょっとか!?とか一人突っ込みしたりして。

村長はもう一人の村長と家に現れた。

そしたら、村長のお兄さんの奥さんがハリラ(スープ)を出してくれた。

メクネスの村長宅で、また食べさせられるかも?!とか思いながら、でも、ほかの二人はバクバク食べてるよって、私もとりあえず食べてみた。

で、車でメクネスへ。

もう一人の村長は途中で降りた。

後から考えたら、もう一人はンザラット村の村長。

要請書には二つの村を担当するってなってたけど、調整員さんからは、カルメットだけでいいと聞いていたので、ンザラット村のこと忘れてたけど。

やっぱり、ンザラット村は私が来ること知ってるんやん!

ということで、どないしていいのか、わからんけど、とりあえず、カルメットに住むんやし、カルメットのことだけを考えようと思う。

ンザラット村の村長、ごめんやで。

で、カルメット村の村長さんは、とってもいい感じの人。

家は豪邸でして。

新興住宅地みたいなところで、まだいろんなところが工事ちゅうやけど、家は三階建てでそれぞれにトイレとお風呂場があって。

私はその2階部分を自由に使っていいと。

まじ!?!?!?

でも、2階部分はシャワーが使われへんから、3階部分にあるシャワーを使って、と。

そんでもって、シャワーは使われへんから、おけにお湯をためて、そっから使ってと。

なんでもいいです。体を洗えるのなら!!

とりあえず、歓迎のソワレがあると聞いてたけど、

「何か食べる?」

と聞かれて、

「いや、いいです」

と答えてみたら、村長が

「今日は、いろんなところでいっぱいご馳走もらったんちゃう?」

と。

なんと、まぁ、今まで会ってきたモロッコの方々とは違う反応!

この人とならうまいことつきあっていけるかも!!!

そこの家には二人の娘さんと一人の息子さんが。

みんなフランス語堪能で、英語も可。

すごいなぁ。まじで。

村長に、

「で、あなたは村でなにがしたい?」

と聞かれた。

「(いやー何がしたいって、あなた、私まだ村のことなにも知らんからまだよーわからんし。あなたは私に何を期待してるのだ!?とか思ったけど、そういうのも言えず。)とりあえず、青年の家で働こうと思ってます。」

と答えてみた。

青年の家とは、学校終わった子供たちが行くような、日本でいう学童みたいなところで、

そこに、パソコンが導入されたので、パソコン教室をやってほしいって言われたって調整員から聞いてたから。

「青年の家で何する?」と、村長。

「(あれ?あなた、私にパソコン教室してほしいっていったんじゃなかったの?と思いながら)パソコン教室をします」と。

「ほかには?」と、村長。

「(あっちゃーやっばー!こんなことになるとは思ってなかった!!!何も言うことない!)とりあえず、村をみて、村のことを理解したいと思います。」と答えてみた。

「そうだね。」と、村長。

なんか、不安になってきたぞー

こんなんで大丈夫か、私!?

パソコン教室なんて、ほんまはしたくないぞぉ!

と思いながら、お湯浴びして寝ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月30日祝日。

7月30日祝日。

この日はモロッコ国王即位の日。

ということで、町中はお祭り騒ぎでして。

私の配属もこの祝日のせいで遅れたわけでして。

でも、せっかく国王即位の日にラバトにおれるのだから、思いっきり楽しもうじゃないか、と思ってました。

昨日、町を歩いたら、おそらく今日のためであろうステージが組み立てられてたり、移動遊園地ができてたりしたので、もちろん、今日は家族でどっかに行くだろうと思い、家族とも今日が最後だからとことん付き合おうじゃないかと思ってました。

朝いつものようにスークへ買い物にいって。

P1010415

それから掃除して、お昼のしたくして。

食べて。

テレビを見ながらごろごろ。

ゆりこーゴルス作るわよー

ということで、この間教えてもらったパン(これがおいしい!)を作りました。

P1010425 

焼きあがったら、最後のグテ(おやつ)はテラスにて。

P1010428

これはもう夜の8時くらいです。

そして、いつものように、連ドラを見て。(トルコのドラマでNOORといいます。私も結構はまってます。)

で、ここでやっと外出の合図が!

もう9時半なんですけど?

私、明日、6時半起きなんですけど?

ま、最後やし、国王即位の日やし、とりあえずお付き合いさせていただきました。

そしたら、バンバンバーーーン!!

P1010437_2

花火が!!!

まさかモロッコで花火が見れるなんて思ってなかったから、えらい感動した!

しかも、結構本格的な花火!!!!

きれー

その後、海岸でライブが開かれてて、12時半くらいまでそのライブを見たのでした。

帰ってきて、もちろん夜ご飯。

今日は、いけいけ高校生のサラちゃん特性PIZZA

もう1時ですけど?

まぁ、最後の日やし、とことんつきあおう、ということで、一枚ペロリと食べたのでした。

そして、明日から、浴びられないであろうシャワーを思う存分楽しんで、就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »