« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

「私、青年の家で働くのやめる」

ある日の昼下がり、こう言ってきたのは、なんと

青年の家の責任者

ちょっと耳を疑いましたよ、マジで。
だって、いきなりやったんやもん。
理由を聞くと、

「子供たちが青年の家を馬鹿にして石を投げてきたりするのが、何度言ってもやめないから、こういう環境ではもう働けない。」

やって。
おーい、石を投げられても一人でがんばっている隊員は山ほどいるのに。
おまえ、もっとがんばれよ~!
というか、大人が子供のしつけしなあかんのに、放棄ですかぃ??

とは言うものの、彼は頑固なので、私が何を言っても聞き入れず。
ま、彼と村の青年たち(ロトフィやその他手伝ってくれてる子達)との意見が食い違うことが多かったので、責任者が変わってくれたほうがうまくいくかもしれんけどさ。

でも、やっと青年の家に子供が毎日やってくるようになって、(日曜日も「なんでしまってるの?」と子供の親から聞かれるくらい、青年の家は今ブームです!)これからや~って時に・・・

次の責任者はいつ来るのかな。
それまで青年の家の活動はストップなのでしょうか。

いや、そういうわけにはいかない!

ということで、ロトフィと一緒に村長へ話ししにいこうと思います。
とりあえず、責任者が決まるまで私たちで鍵の管理をして授業を続けたいって。

さぁ、どうなる、青年の家!?

でも、その責任者、「ラマダン後にメクネスの青年の家に一緒に勉強しに行こう」とか言ってて、やる気出てきたな~って思ってた矢先やったので、ほんとびっくりやわ。
私の洞察力もまだまだ足りひんな。

そして、今日朝の9時に隣村の小学校の先生と約束があったはずなのに、現れず。
電話したら、「ラマダン後の祝日の後ね☆」って・・・

それならそうと、連絡のひとつくらいくれてもいいのに・・・。

でも、もうこういうことは慣れっこ。
いちいちイライラしなくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9月28日(日)今日はお菓子作り♪

私は実はお菓子作りが好きである。

友達の誕生日というとお菓子を作ってあげていた。

でも、こちらにきてオーブンないし、いろいろ道具もないからお菓子作りは一回クッキーを作ったのみ。

しかし、今日は一日中クッキーを作る羽目に!

作ったのは、オレンジクッキー、ゴマとココナッツ入りチョコレートクッキー、ハーブクッキー、ピーナッツクッキー。

女5人で朝の11時から15時までぶっとおし4時間。

さすがに疲れました。

お菓子の焼けるにおいも、初めはわくわくしたけど、だんだん気持ち悪くなって。

パティシエのみなさん、ごくろうさまです。

明日はナジェット家で自宅ハマム。

(ハマムとはモロッコ式お風呂で熱いお湯とつめたいお湯を用意して、サウナのようにあったかくした部屋で垢すりをする)

最近すっかり寒くなってきたので楽しみです♪

そして、明日は隣村ブニムラーズの小学校の先生方とミーティング。

なんと、ブニムラーズには小学校にパソコンが11台もあるらしく、パソコンを教えてほしいという依頼がやってきたのです。

カルメットで崩壊したパソコン教室。

でも、小学校と連携して何かしたいと思っていたので、先生方との人脈作りのためにもやったみよかなって思ってます。

いろんなことが体当たりですが、明日のことは誰にもわからないのさ、これが私の人生よ~♪と開き直って目の前にやってきたことを一生懸命やることにします!

隣村での活動もどうなるか乞うご期待!(いろんな意味で)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろんなことはラマダン後

この間、私がちょっと村から離れている間に、女性組織の代表アイーシャが村にやってきたっていうのはお伝えしたけど、アイーシャが次に村にやってくるのはラマダン後らしい。

そこまで待ってたらいいのか、やっぱり先にアンケートとろうか(まだとってないんかい!)迷ってて、ナジェットに相談しようと話を持ちかけたら。

「アイーシャが来たら、みんな集まって話し合って、女性組織の人以外の女の人にも何かしたいことないか聞こう。ゆりこはアラビア語がまだあんまり話せないから(はい、すみません。汗)私たちが女性たちに聞きにまわったらいいと思ってる。」

と。

なんとまぁ、私が思い描いていたことではないか。

まぁ、でも、アラビア語話せない私もアンケートとりにいくのについていくけどねー

そんな感じで、ラマダン後にいろいろことが進みそう。(たぶん・・・)

ここらでラマダン後にある約束(すべて「インシャアッラー(神が望むなら)」ですが)

1.アイーシャが村にやってくる

2.村の女性たちのアンケート

3.村にある小学校の先生たちと話する。

4.他の村に訪問

5.メゾン・ドットのこと

ほんまに、みんながラマダン後に活動するのかは不明。

オリーブの収穫が始まって、村から人がいなくなるっていううわさも聞いたけど・・・

さて、私の活動は、どうなるのでしょうか。

あ、そういえば、パソコン教室、崩壊しました!笑

というか、パソコンは小学生にはまだ早いという皆の意見のもと、今は青年の家で小学校3年生から6年生向けに

フランス語

アラビア語(モロッコ方言ではなく、フスハーといわれるクラシックアラビア語。)

英語

数学(これはまだ教える人がいない)

の授業をすることになった。

フランス語はロトフィ、アラビア語はオマル君(大学でアラビア語を勉強中)、英語は私ということで。

ま、もともとパソコン教室は学校が始まるまでということだったので、なるようにしてなったのかもしれません。

というか、なんだか村の青年たち(20代前半の求職中の彼ら)がこうやっていろいろ自分たちから計画してやっているのを見て、うれしかったり刺激されたり。

今まで何も利用されてなかった青年の家がこうやって毎日子供が集まってくるようになったのは、とってもいいこと!

村の子供たちのためにも、青年たちのためにも、青年の家は活動していかないといけないような気がします。

でも、青年たちがもっと他の場所で活躍できたらもっともっといいんだけどな。。。

いい仕事が見つかるといいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9月27日(土)みんなに助けられながら生きています

ということで。

前回のブログアップの後、2日間寝込んでました。

朝からおなかの調子が悪くなり、何か悪いもの食べたっけ?と思いながらすごしていると、昼過ぎから体がだるーくなり、ねつっぽい。

仕事はいったん行ったものの帰ってきて、熱を測ってみると、38.3℃!

平熱が35℃代の私にとってはだいぶやばい。

おお、いきなり?なんの前兆もなかったんですけど?

と思いながら、とりあえず、寝てみた。

一眠りして起きたら、さっきよりなんかしんどい。

汗もかけてないし。熱を測ると、38.7℃!!

さっきよりあがってるやん。

一人で家にいてなんかあったらあかんと思って、動けるうちに近所の家へ!

いつもいつもお世話になっているナジェットの家へ行った。

今日、フトールいただく約束もしてたので。

行ったら、とりあえずいつもと同じフトールを無理やり食べて。(病人食じゃないのね。涙)

日本製の風邪薬を飲んで寝た。

モロッコ的風邪薬

1.レモンをおでこにあててくれて、熱さまし。

→これがむっちゃ気持ちよかった。

2.おへそにオリーブオイルと塩を混ぜたやつを塗る

→おなかの調子はよくなってないので、効いたかどうかわからん。

3.オリーブオイルと蜂蜜とクミンを混ぜたのを飲む(おなかにいいらしい)

→これも効いたかどうか不明。

でも、都会のモロッコ人が飲むよくわからない市販の薬より、ここみたいな自然の漢方みたいなほうが私にはあってます。

みんな心配してくれて、ありがたや~

一眠りすると、だいぶ汗かいて、熱も下がった様子。

やっぱり夕食も無理やり食べさせられて。

スパイシーな米料理。

ちょっとだけ食べた。

その日はナジェット家で寝ました。

次の日もほとんど一日中ナジェットの家で寝てた。

熱は下がったもののおなかの調子がどうも悪い。

風邪の菌がおなかへ行ったのかな?

今もまだおなかの調子がちょっと悪いけど。

病み上がりという感じの体調です。

みーんな心配してくれて。

ありがたい。

でも、体調が悪くなると、精神的にも弱気になるので、健康第一やと思いました。

ナジェット一家に

「ゆりこは薄着やから、もっと着なあかん!ここは日本と違うねんから!」っておこられた。

日本でも同じようなこと言われてたな~

はい、心しておきます。

ということで、昨日からいきなり厚着。

ズボンの下にはタイツを着用。ぽっかぽか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月23日(火)日本のセンスを忘れるな!

この週末、日本からの友達がやってきた。

その子はファッション界のジャーナリストなので、おしゃれ感覚がとても鋭い。

その子の持ってきたモロッコ雑誌とか買ったお土産とかを見て、、、

モロッコ、おしゃれ!

と思ったのでした。

村にいると、面白味のない模様やなーと思っていたものが、

デザイナーという手にかかると、とってもおしゃれに大変身!

やっぱり、考えれる人が考えるとおしゃれになるんやなー。

で、そっから村に帰ってみると、今まで見過ごしてたいろいろが見えてきた。

これ、使われへんわ、と思ってたものもおしゃれにできそう。

デザイナーには負けるけど、自分が欲しいものくらいできそう。

とりあえず、アイデアを出して、自分が欲しいものを作ってもらおうと思います。

ただ、問題は、そういう日本的「おしゃれ」はモロッコ的「おしゃれ」と違うので、通じないかもしれない。

まぁ、やってみる価値はあり。

どんな作品ができるか楽しみやなー、いろんな意味で(笑)

でも、やっぱり問題の「どうやって売るか」は未解決。

むむむ。

そうそう、私が留守の間に、なんと今まで音沙汰のなかった女性組織の代表が村にやってきたらしい。

ゆりこと話したいって言ってたって!

お、これは何か動く気配!?

そういや、看護師さんからの返事、まだないなぁ。

アンケートもしてないなぁ。

いけないいけない、いろいろ中途半端。

ラマダンももうすぐ終わるし、一号報告書も提出したし、本気出して活動に集中しないと!

ここらでちょっとモロッコ観光写真。

私に会いに来たら、こんな素敵なところも見れるよー

P1010929

P1010889

P1010948

| | コメント (3) | トラックバック (0)

9月16日(火)隣村へ進出!

今日は隣村ブニムラーズの女性組織の人とのランデブー。

女性組織の代表者と話をして、結局分かったことは

「商品はいっぱいあるけど、売るところがない。」という分かっていたこと。

この村でもカルメットと同じで刺繍が盛ん。

P1010845

女性たちは刺繍が大好きで作るけれども買い手がない。

というか、多分待っているだけなので買い手が来ないのだと思うけど。

ということで、その女性組織の人とは、これからどうやって売っていくか勉強していかないとね、ということになった。

モロッコ中に刺繍をしている人はたくさんいるらしい。

でも、モロッコの刺繍って有名やっけ?

ガイドブックとかにはバブーシュとか絨毯とかジュラバとか色とりどりの陶器とかは載ってるけど、刺繍って見たことないような気がします。

多分、モロッコの刺繍はまだまだ知られてないと思いません?

こんなにすてきなものがあるのに。

そして、ここは陶器も盛ん。

日本で想像するようなものではなく、生活に密着したものを作っている。

水甕とか、バター作るときに使うのとか。

でも、かわいいよね。

P1010836 

でも、どうやって販路開拓するか。

インターネット販売?

近くの観光地で青空販売?

近くの町(メクネスとかフェズとかムーレイイドリスとか)の個人店に営業?

ホテルに営業?

大手デパートみたいなところに営業?

それか、人が村に集まってくるようにする?

営業経験もマーケティング経験もなんの経験もないけれど、やってみるしかない。

ということで、上に書いたことでできるところからやってみようと思います。

でも、インターネットで物を売るのってどうするんやろ?

なんも知らんべ、私。

あ、買いたい人おったら、小西まで。

値段は交渉。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

9月15日(月)小学校が始まった!

小学校が始まった。

同期の小学校の先生隊員も仕事が始まったのだろうか。

そんな私も小学校へ行ってみた。

これが学校

P1010803 P1010805

各クラスで名前と日本から来ましたってことだけ言って。

教室に入ったら、生徒がいっせいに起立してかなりびっくり。

いつもその辺の路地でやんちゃしている子供たちが、パソコン教室で悪さしている子供たちが、えらいおりこうさん。

先生の威力ってすごいなぁ。

小学校とも何かできたらいいなって思ってたから、校長先生にも挨拶。

「2年間、ここの村で働いているので、何か一緒にできたらいいなって思ってます。日を改めてまた話し合いしましょう。」

てな感じで。

ここ2日で新たな人を知ることができた。

よかった。

どう利用するかは私の力量。

今日のフトールは家の隣の店の店主の家。

そこには私と同い年の女の子がいた!

とっても気の合いそうな子。

お菓子作りも上手だし。

私もお菓子作り好きやから、それをネタに仲良くなりたいなーって思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月14日(日)町に看護師がいた!

知らなかったけど。

町に看護師さんがいた。

その女性の名はカディジャ。

英語もフランス語も話せます。

えー、こういう女性探してた!なんで今まで出てこなかったのか不思議。

よくよく話を聞くと、小学校に入る前の子供たちにアラビア語を教えているらしい。

えー、知らんかった!そんなところ、どこにあるのん?

まだまだ知らないことだらけ。

私の情報収集能力の乏しさが浮き彫りでございます。反省。

よくよく話を聞くと、いつもお世話になってる近所の人たちとかなり近い親戚らしい。

えー、しらんかった!

女性たちの情報収集をしたいって話をしたら、

「モスクで女性たちと話してみるわ」

と。

そうなんよなー、私が、モスクに入れたら、そこには村中の人が集まってるので話が伝わりやすい。

でも、イスラム教徒ではないので入れない。

カディジャがどれくらいの女性とコネクション持っているかわからんけど、村の看護師やし、カディジャを知らない人は少ないと思われます。

ということで、しばらくカディジャに任せてみよう。

私は私で、次の手を考えておこうと思う。

基本的で重要なことをまだまだ知らないことが判明。

もっと積極的に情報をゲットしていかななー、と思ったのでした。

今のところの情報源はロトフィ君。

これからはカディジャも情報源にいれよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月13日(土)サイード、アルトリコーダーに目覚める

!?

今日は土曜日だからムーレイイドリスにスークがたつ。

私は、料理グッズをいろいろ購入したかったので、ムーレイイドリスへ。

おろし器(日本の大根おろし器みたいなんが売っているのです!)とかを購入。

アンケートを手伝ってもらうための文句を考えて。

青年の家でアラビア語に訳してもらった。

そこでいろいろ女性との活動についてアブデラジズとロトフィとで話した。

そしたら、核となりそうな女性の名前が二人出てきた。

紹介してー!!!!

ということで、明日、その人たちの家に連れて行ってもらうことになった!

一人は看護師。

もう一人はアラビア語の教授。

いろいろいい情報が聞けるといいなー。

今日のフトールは、ズホル家。

カサブランカやメクネスから妹たちが帰ってきてて。

えらいにぎやかだった。

フトール後は家の前でたまっている男性陣と音楽会。

というのも、店の店主は笛が大好きみたいで、私が家でオカリナを吹いているのを聞いて、ちょっと持ってきて吹いてみて、といわれたのです。

日本から、ソプラノリコーダーとアルトリコーダーも持ってきてたからそれも披露して。

そしたら、サイードがアルトリコーダーをえらい気に入ったみたいで、そっから2時間くらい吹き続けてた。

音楽はアラビアンな感じで。ピーヒャラピーヒャラ。

さぞかし近所迷惑な団体だったことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悩み事~機会均等の難しさ~

※内容はすでに書いた日記と重複するとこもあるけどあしからず。

モロッコに来て2ヶ月。
任地のカルメット村に入って1ヶ月。
そして、今はラマダン中。

そんなある日、村長と村での活動について話をしていた。
女性組織の活性化を村長は望んでいるんだけど、代表がカサブランカにいることを見ても、今は組織として成り立っていないのが現状。
いくら私が組織のメンバーのとこに行っても、他のメンバー紹介してと言っても何も進まなかった。
この一ヶ月間。

そのことを村長に言うと、
「ならば新しい方法でアタックしてみようではないか。」

方法は、女性(特に20代~40代の比較的若い女性)に、今何がしたいかということを聞いて、同じ興味を持った人たちでグループを作り、そのグループで活動するというもの。

ということで、まずは何がしたいのかの調査のために、女性向けにアンケートをとることになった。
村長は男なので、女性向けにアンケートはとれない。
ので、私がアンケートをとることになったんだけど。

村には300軒近い家があって、女性の数はいっぱい。
一軒一軒回ってたら、2ヶ月はかかる。
だれか手伝ってもらう人を探すか。
無作為に選んで全員にはアンケートしないか。

いろいろ考えているんだけど。これといったものが見つからず。


そうこうしているうちに、
「アンケートとる意味あるのか!?」
という究極の疑問にも陥った。

というのも、女性に
「何がしたいですか?」

と聞いたところで、女性たちが答えられるものは限られるように思う。
今までしていた、クスクス作り(写真2)とか刺繍(写真1)とかにとどまるような気がする。
もっと現金収入を上げれるようなものがあれば、そういう情報を女性たちは求めているのかもしれない。

でも、それが何かは私も分からない。。


そして、女性組織の活動がうまく行っていない原因に、
結婚したら女性は家から出なくなるので、自然に活動が止まっていってしまった。
というのがある。

これは私もどうしたもんか、とずーっと思っていたもの。
女性が外に出るようになるには、旦那の協力が必要。
ということは、だんなの理解を得るためにも、だんなも巻き込んで何かすべきなのか。

調査を女性だけではなく、男性にもすべきか。
どっかに集まってもらって、男性同伴で女性にも来てもらってアンケートとるか。


それとも、先にいろんな選択肢を提示して、どれに興味があるか選んでもらうか。

難しい。


日本で受けた研修で、参加型開発の原則は
①彼らはできる
②機会均等
③チャンスを増やす

というのを教えてもらったけど、実際現場にたつと難しい。
②の機会均等を保証するのがとっても難しい。

考えてても進まないので、とりあえず何件かアンケート行ってみようかなと思ってます。

でも、いろいろ考えるともやもやもやもや。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9月11日(木)アンケートつくり

頭はアンケートのことでいっぱい。

いろいろ日本で学んだことを思い出してアンケート項目を考えてみた。

     名前

     年齢

     住所

     既婚?未婚?

     子供の数

     家族構成

     学歴

     語学(文字書けるか、とかフランス語話せるか、とか)

     生活費はどうやってまかなっているか。

     財産(家畜の数など)

     何かしたいことありますか?(口頭にて質問)

でも、最後の一番肝心な⑪の質問やけど、いきなり聞いてもなかなかそんなん答えられないよなぁ。

多分、答えにあがってくるのは、すでにやったことのあることか、近所の人がやっていることかに限られる。

そして、残念なことに、私にも知識がないよって、選択肢を与えることができない。

あーもどかしい。

でも、「住民は知識をもっている」(『開発フィールドワーカー』より)ともいう。

これは今当てはまるのか!?

確かに、家にずっと居るにも関わらず、女性たちのもつ情報量は目を見張るものがある。

アジアのことも結構知っているし、テレビの効果で世界のニュースも私なんかよりよく知っている。(私が知なさすぎなのですが。恥ずべきことです。)

そして、会ったことのない人も私の存在を知っている。

隣村の人まで。

でも、今までも住民組織をいくつか作って活動してみたけど、どれもこれもうまくいっていないという過去がある。

問題は

     代表がそもそも村に住んでいない。カサブランカ在住。なので、すぐに相談する相手がいない。

     結婚すると女性は外に出なくなるので、集まりがあっても来れなくなる。

①は回避できるとしても、②はすぐには回避できないよな。

同じようにまた組織を作ったとしても二の舞にならないか。

今までと同じようなやり方ではなく、新しい「何か」が必要なのかもしれない。

とすると、住民に何か新しい情報を入れるべきなのではないかな。

でも、それはなんだろう。

A.     住民にはやりたいことがあるけど機会がないだけなのか。

(それなら、⑪の質問は有効だろう)

B.     現金収入ほしいけど、どうしたらいいのか分からないのか。

(これだったら、⑪の質問は愚問)

C.     はたまた、現金収入なんてもんはいらないのか。

(なら、⑪の答えはフランス語習いたい、とか家を改装したい、とかそういったものになるかもしれない。それはそれでよし。)

あーわからない。

とりあえず、少し回ってみてそっから考え直すのでもいいのかな。

とりあえず⑪の質問をしてみて、「へ?」みたいな反応やったら、愚問だったということ。

もしかしたら、新しい「何か」が見えてくるかもしれないし。

家で一人で考えてても分かるものではないし。

村長のほうが村のことを私より知ってるはずだし、その人が言うのだから、試してみる価値はあるかな。

でも、忘れてはいけないことは、

村長は村に住んでいないし女性と直接話をしないということ。

村長もある意味「外部者」。

これは忘れないでおこう。

アンケート用紙はとりあえずアブデラジズさんとロトフィ君のおかげで仕上がった。

後はどうやって訪問するか、やな。

とりあえず、明日水組織の人のとこ(お向かいさん)に行って相談してみよう。

そしてそして、今日もいつものように外でフトール。

今日は女性組織のズホルの家でいただいた。

おいしすぎて食べ過ぎて苦しい。

明日はナジェットであさってはまたズホル。ドリスのとこにもいかないといけないし、ファティマのとこにもかれこれ長い間行ってないな。

ナジュラもそろそろしびれを切らすころか。(今日、私の帰宅をドアの前で待っていた。)

そうなるとヨセフのとこにもいかないと怒られる。

ご近所づきあいは楽しいけどなかなか大変。

私は一人よ~!と叫びたくなる。

分身できたらいいのになー。

でも、みんな親切で助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月10日(水)さぁ、どうする!?

今日は村長とのランデブー。

今日の目的は、青年の家を今後どうやって運営していくつもりなのかを聞くこと。

でも、実は、昨日、青年の家の責任者アブデラジズさんが、

「ラマダン終わったら、メクネスにある青年の家の統括組織(青年の家を統括してるところがあるらしい。)に行っていろいろ勉強しよう」

と言ってきたので、村長とアブデラジズさん抜きに話しするのはどうかな、と迷いが出ていたのである。

もうちょっとアブデラジズさんの様子を見てからでもいいかな、とか。

ということで、とりあえず報告。

「まず、女性組織との活動はまったく進んでいません。事をすすめるのがなかなか難しいです。」

といったところで、村長が

「では、新しい方法をやってみようではないか。女性組織はとりあえずおいといて、新しいグループを作ってみないか。」

「といいますと?」

「なんでもいいんだ。女性たちがやりたいことを聞き取って、やりたい人でグループを作る。たとえば、クスクス作りのグループ、ウサギ飼育のグループ、刺繍のグループとか。そのためには、女性たちが何をしたいのか聞き取らないといけない。そして、聞き取るのは女性であるあなたにしかできない。(イスラム教の影響)」

ということで、アンケートをとることになった。

村には300軒ほどあります。

さて、どうやってアンケートとるか。

女性は外には出てこないので一軒一軒訪ねるしかないのかな。

すべての家を訪問すべきなのか。

無作為に選んでアンケートをとるのか。

でも、アンケートをとられなかった女性はおもしろくない。

そしたら、誰か手伝ってもらえる人を探すか。

でも、村全体が親戚みたいなもんなので、知っている人がアンケートに行ったら、体裁を気にして当たり障りのない回答しかしないかもしれない。

それか、私が行くよりよく知った村人が行ったほうがいいのか。

でも、一人で300軒は無謀よなぁ。

可能やけど、アンケートで何ヶ月もかかってしまう。

アンケートしに来たわけではないしなぁ。

でも、アンケートにそれだけ時間をかける価値があるのかもしれないしなぁ。

たとえば、午前中に3軒、午後に3軒で計6軒。が妥当かなって思うんだけど、毎日計画通りに行ったとしても、50日。

約二ヶ月か。

さぁ、どうする。

とりあえず、村の名簿みたいなんは、水道組織の人のところにいけば、分かる。

どこに住んでいるのかはみんなの頭の中なので、視覚的にはない。

ここに家があるのか?と思うところにも家があったりするので、やはり自分ひとりの力では見落としがでてくるだろう。

あーどうしましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月9日(月)カルメットから灯りがなくなる

今日、村を歩いていると一人の中年男性がフランス語で声を掛けてきた。

「あのー。

パソコン教室のことなんですけど・・・

あれは子供たちだけなんですか?私もパソコン習いたいし、私の友達で習いたいって言っている人もいるんですけど。」

おお、私も子供だけじゃなくて大人向けにしたいって思ってたんよ。

ということで、いつがいいか聞いてみた。

「夕方5時からがいいと思います。」

と。

ほな、子供たちのクラスの後に大人のクラスも入れてみよう。

さっそく明日ロトフィに相談して、アナウンスのビラを作ろう!

でも、本当のことをいうと、女性向けに何かしたい。

でも、やっても来れない人も多いのかな。

既婚女性が外に出るには旦那さんの理解が必要。

ここの村はほんとに女性に対する制限が厳しいように思う。

というのも、ムーレイイドリスという町はイスラム教色の強い町で、かつてはイスラム教徒以外の人はムーレイイドリスに足を踏み入れることさえできなかったらしい。

そういう土地柄なので、コーランの影響がかなり強いように思う。

だから、いきなり女性向けに何か始めても来れないかもしれないけど、子供たちから大人の男性にうわさが行ったように、大人の男性にいい印象を持ってもらえたら、女性にもアタックしやすくなるかな。

パソコン教室といえど人脈作りにもなるし。

ということで、表向きはパソコン教室だけど、いろいろ裏調査のためにもやってみようと思います。

そういや、今日、フトール終わった頃に突然電気が消えた!

停電が起こりました。

ここの村は時々停電がおきるらしい。

同期が任地に行って即効停電にあったっていう話を聞いていたけど、カルメットは電気は安定しているようです。

ろうそくの灯でみんなで談笑。(停電のとき、ちょうど大家さんの家でフトールしてました。)

ハッピバースディの歌を歌ったりして場の雰囲気を盛り上げたり。

といっても、私はあまり言葉を発してませんが・・・※

ナジュラととことん遊んでやった。

そして夕飯食べて家へ戻ったのでした。

テラスから村を見ると真っ暗。

今日は早く寝よう、と思ったけど、イロイロ考え事をしてたら遅くなった。

     ここに来てずっと思ってたけど、談笑中になかなか言葉を発せない。

自分中心に話がなったときは頑張って話すんだけど、いったん話題が私からそれると、そこからは傍観者。

モロッコ人同士の会話になるととたんに話すスピードが速くなるので、全くと言っていいほど聞き取れない。

どうしたもんか。

と思ってたけど、昨日、ある村落隊員の話を読んで、聞き取れないのは話してないからや!ということに今更ながら気づいた。(おそっ!)

確かに、自分が使ったことがある単語は聞き取れやすい。

ということで、これから毎日、なんか一つの話題を考えて、それをいろんなところで言いまくろうと思います。

明日の話題は・・・

「パソコン教室は、一日目はよかったんだけど、二日目はむっちゃいっぱいの子供たちがきて、みんな好き勝手にやってめちゃくちゃになった。だから、名簿を作って人数制限したら3日目はうまいこといったよ。今は子供たちしか来てないけど、これから大人向けの授業もしようと思ってるねん。昨日、道ですれ違った人にやって欲しいって言われたから。他にも、これからフランス語教室とかしようかなって思ってるんだけど、どう思う?もし、フランス語教室が青年の家でやってたら、来たい?(来れる?)」

これに決まり!

明日は朝からズホル(女性組織の人)の家に久しぶりに行くので、この話題がいいと思いましてね。

しかし、なかなか手ごわいなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月7日(日)今日は休日

今日は日曜日だし、とりあえず休息。

朝は8時半くらいまで寝て。

朝ごはん食べてから、日本から持ってきた「日本歌謡集」を片手にオカリナ吹いて楽しんだ。
やっぱ日本の曲はいいね。
そして、音楽は楽しいね。

その後、ごちゃごちゃ夕方まで家での作業。

そして、ロトフィと授業のことの打ち合わせ。青年の家にて。

そして、ナジェット家でフトール。

メクネスに行ってた女の人2人が帰ってきてて。
久しぶりだったので、これまでにないキスの連発で。

おいしいフトールをいただき、今日はラマダン用のパン作りの手伝いをした。

粉をこねるの楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月6日(土)スークに行かなかった土曜日。

今日は土曜日。なのでムーレイイドリスにスークがたつ。

その前に、今日は夜中の食事に挑戦してみた。

というのは、夜中2時半くらいに大音量で起こしにかかってくるラッパ吹きのおじさんが見たくて、ラッパの音が鳴ったときに頑張って起きました。
おじさんというかおじいさんは長ーいホースみたいなんで音をならしてた。

歩き回って、ちょうど私の家の前で360度回転しながら

ぼーぼーぼー

って。

周りを見渡すと、家の電気がついている。
みんな起きるねんなぁ。すごいな。とか思って。

で、せっかく起きたから、そっからご飯炊いて。
おにぎり作って食べてみた。日本から持ってきた海苔をまいて。
おいしいけど、よなか3時に食べると米でも胃にもたれる。

やっぱり夜中に食べるのはやめようと思ったのでした。

そして、もっかい一眠りして。

スークへ行く準備をしていたのですが。
大家サイードは朝早くに行ってしまってたみたいで。
特に緊急を要するものでもなかったから、今日はスークに行かないことにした。

そして、ホブスがなくなったので、大家の家でパン焼いて。

青年の家へ。

3時から授業するって言ってたけど、結局子供たちは来ず。
ずっと責任者アブデラジズとロトフィと3人で話したり作業したり。
来週からの教材もできて、いい時間でした。

そして、今夜はまたもやナジェット家にてフトール。
3日行かなかったら、1年行かなかったみたいに

「何してたの?どれだけこなかった?3日よ?長すぎだわ。もっとおいでね。」

という言葉とキスとハグの連発。
こうやって心配してくれる人が居てくれて幸せです。
でも、まぁ、私にも用事があるわけで。
毎日来れるわけでもないのですが。

とりあえず、来たかったけど、これなかったのよー
あなたたちに会えなくて私もさみしかったー
とか言っといた。笑

やっぱりナジェット家のフトールが一番おいしいです。

今日は食器洗いの手伝いもして。

帰りはお決まりの

「明日もおいでね!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月5日(金)ラマダン中はクスクスなし!

今日はパソコン教室3日目。

その前に、ムーレイイドリスにも青年の家があるということで、連れて行ってもらった。
15日までは責任者が休みをとっているので、青年の家もしまっているらしい。
えー、学校がない今が一番青年の家の活躍時じゃないのん!?
とつっこまずにはいられない私でしたが。
ま、これがモロッコなのか?!

でも、ちょっと見学させてと頼んだら、快く出てきてくれた。
いい人。

ここの青年の家はすごい!
まず、掲示板みたいなんにいっぱい写真とか貼ってて、これぞ、青年の家ってかんじで。
カルメットでもこういうのしたい。

そして、舞台とかもあって、規模的にもおっきいから、いろいろレクレーションとかもしているそう。
現在13の組織がここで活動してるねんて。

カルメットなんて日本から来たボランティア一人やし。笑

いいお手本を見れてよかった。
カルメットの責任者と一緒にいろいろ学んでいこうと思ったのでした。

そして、パソコン教室3日目。
この間がさんざんだったから、ちょっと緊張。
始まる前から青年の家の前にはたっくさんの子供たちが。
さて、どうする!?

相棒ロトフィが、パソコン教室は一日9人が最大なので、ここに名前のない子は今日はできない、といってくれたみたいで。
結局残ったのは今日は8人でした。

8人だったからやりやすくって、みんなおりこうさんにパソコンやって帰っていった。
よかったよかった。
でも、土曜日もすることになったよ。パソコン教室。

終わって、今日はナジェットの家に行こう!と思って下に下りたら、サイードとヨセフにつかまって。

7時半からムーレイイドリスに行くぞ!と。
夜のムーレイイドリスに興味があったので、迷わずいくことに。
サイードのとこでフトールをいただき、さぁ、行くぞ!と思ってたら

やっぱり今日はいかない。

なんでやねーん!

ま、それならそれでしかたがない。
思いっきりナジュラ(サイードの娘)と遊んで帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月4日(木)日本人が来た!

今日は、カルメット村に大学時代の先輩が来た!

彼女は旅行しにモロッコに来ていて、マラケシュ、エッサウィラなどを行ってから、わざわざこんな山奥まで来てくれた。

彼女も元協力隊の村落隊員。

いろんな話が聞けて、とっても参考になったし、すっごいリフレッシュになった!

やっぱし、たまには、こうやって同じような感覚の持ち主と話するべきやな。

彼女が来たので、今日はラマダンなし。

お昼からがっつりケフタを食べた。

初、家での肉料理。

とはいうものの、ケフタを買って焼いただけやけどー。

パンはもちろん手作りもの。

トマトときゅうりを切ってサンドイッチみたいにして食べた。

なかなかいける。

ひき肉を買うっていうのは使いやすくてアリやな、と思ったのでした。

食べてたらポリスがやってきた。

滞在許可書、もう届いたかーやって。

あれ、あなた連絡してくれるんじゃなかったっけー??

どうやら管轄(?)が違うみたいで、確認しにいかなあかんらしい。

でも、こうやって心配して声かけてくれるなんて、とってもいい村だ。

みんなに守られている感じでとっても居心地がいいです。

そして、先輩と大家の家へ。

今はラマダンなので、アッチャイのおもてなしはなく。

いつもやんちゃなナジュラがえらい静か。

人見知りしているのかな。

そうこうしているうちに、大家の奥さんが刺繍したランチョマットをお土産にくれた!

すごいかわいい!

これ、売れる。

やっぱり、こんなにかわいいものがあるのに、その売り方がうまいこといかずに眠っているのはとってももったいなーい。

販路開拓、頑張ろうと思ったのでした。

でも、その前に売りたいと思っているのか聞かなな。

そして、先輩と村を歩いて。

帰っていったのでした。

自分の村にこうやって訪ねてきてくれるのは思っていた以上になんかうれしい。

みんなもカルメットにおいでー☆

そして、今日はヨセフの家で日没後のフトール。

久しぶりにアボカドジュースを飲んだ。やっぱしうまい。

村にもムーレイイドリスにもジューススタンドないので、生絞り系ジュースが飲めない。

まぁ、自分ちでミキサー買って作ったらいいのだけど。

とってもおいしすぎたから、ミキサー買おうかと本気で思いました。

高いんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月3日(水)パソコン教室崩壊!?

今日は第二回目のパソコン教室。

女の子もしたいと言ってきたので、2時から開けて。

一時間は女の子のための時間。

彼女たちはおりこうさんに私の言うことを聞いて、結構いろいろできた。

問題は、男の子たち。

1台3人で使うのがいいだろうということで、前回水曜日のチームと月曜日のチームに分けて、それぞれ9人ずつだったはずなのに。

もう数えられないほどの子供たちが来てしまった。

何がなんだか分からない。

ゲームしだす子とかいて。

まじめにやってる子の邪魔したり。

怒り方がわからないので、何もできず。

片言アラビア語を発したら、一瞬やめるけど、すぐまたいたずらして。

学級崩壊ならぬ、パソコン教室崩壊な感じでした。

まぁ、だーれも来ないよりかはましなのかな。

でも、私の準備不足もあって反省。

相棒のロトフィと話して、登録制にしてカードを作ってそのカードを持ってる人しか入れないようにしようかな、と考え中。

カード作るのにお金をちょっと取るか。取らないか。

はじめが肝心。

村長に相談してみようと思う。

というか、4月1日から青年の家を開けているらしいけど、今までどういうシステムだったんだ!?と不思議です。

そして今日、初めて青年の家の責任者のアブドラジズさんに会った。

ずっと休暇でお休みしていたのです。

彼は一応火曜から金曜日の11時から15時まで毎日来るそうです。

でも、今までは特に仕事せずに一日パソコンいじって過ごしてきたそう。

「一人でまかされてるなんて大変ですね」というと

「いや、来客がないから、自由にすごせるので全然大変じゃないよ」やって。

もっと働けやー

まぁ、でも青年の家のことを村長以外の誰に相談したらいいのか分からなかったので、彼が現れてくれてよかったかも。

使えるかどうかはおいといて。

でも、このすごい子供たちの騒ぎようを見てると、これからいろいろワークショップとかしたいな、と思っていたが、しっかりと準備して挑まないと、すぐに崩壊してしまう。

肝に銘じておこう。

そして、ラマダン2日目。

2日目にして、早くもあきらめ。

パソコン教室で疲れきって、帰って即効つまみ食いしてしまった。

でも、ちょっとだけ。

今日のフトールは大家さんち。

ハリーラはやっぱしうまい!

ナジュラがゆりこお母さん(お姉ちゃん通り越して、お母さんと呼ばれている・・・)がやってきた!とかなりテンションあがってた。

かわいいなぁ☆

そんなこんなで、明日は初めて友達が村に来る予定。

楽しみ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

9月2日(火)ラマダンが始まった!

いよいよ、ラマダン(断食)が始まりました。

ここ最近、ラマダンのために村中がそわそわしていたので、私もそわそわ。

ラマダンとはイスラム教の教えの一つの義務で、簡単に言うと、日中は食べたり飲んだり一切してはいけない。そんな日が一ヶ月続きます。

一日の流れはこんなかんじ。

朝2:00 お祈りの時間だよーという合図が、いつものアザーンではなく、もっと強烈なラッパのような音で知らせにくる。

みんなは起きて、お祈りをし、パンなどを食べて、また寝ます。

ここで食べるのが最後で次食べるのは19時。

日中はいつものとおりなんだけど、役所とかは2時半までで、昼休憩がなくなります。

で、19時 マグルブという日没の時のお祈りの時間を知らせるアザーンがなると、豪華な朝ごはん!

シュバキア、ズンメータ、ハリーラ、タジン、トマルなど、いっぱい出てきます。

そして、それが終わると22時くらいにまたちょっと夕食。

そして、就寝。

これが一般的な流れのようです。

でも、日中ずーっと寝てて、マグルブと同時に起きて、夜中中騒いだりしている人もいるらしい。

よって、町では夜中遅くまで騒がしいんだって。

そして、タバコ、お酒も禁止。

なので、日ごろタバコをすっている人にとってはとってもつらいようです。

みんなおなかすいたり、のどかわいたり、タバコ吸えなかったりしてイライラして、事故や喧嘩が多発するそう。

なんだかいいのか悪いのかよくわからない。

でも、モロッコ人いわく、ラマダンは体の中がきれいになって、健康のためにとってもいいんだ!だそうです。

ということで、せっかくここにいるんだし、私もラマダンに挑戦しようと思って、今日一日、日中は食べなかったし飲まなかった。

とはいうものの、朝7時半くらいに起きて、軽く朝ごはん食べたけど。

だって、夜中の2時に起きて食べるのはちょっと無理。

朝ごはん後、食べないのは大丈夫だけど、飲まないのが辛かった。

あんまり体力消耗したらあかんな、と思ったら何もやる気が起こらず、そら、ラマダン中は仕事にならんわ、と思ったのでした。

日没後の朝食(フトール)は、お向かいさんのナジェットんち。

昨日から「おいでね」と何回も言われていたので、いってみた。

これがフトール。

P1010755

甘い甘いお菓子が出てくるってうわさで聞いてたけど、すべてが自家製で、作るところも見ていたので、体に悪い感じではない。

店で買うシュバキアはあまったるいけど、ここのシュバキアはさくっとしてて、おいしい。

魚のタジンが出たけど、これまたうまい!

そして、しめはハリーラ。これは、ガスコンロで調理したものではなく、昔ながらの炭火でコトコト煮込んだもの。

P1010753

とってもおいしかったー

そして、22時ころの夜ご飯のときは、家の牛さんからとれたミルクで作ったヨーグルトみたいなん。

砂糖一切入ってないし、とってもすっきり。

なんや、ラマダンのほうが、日本の食事の生活と似てるやん。

昼食抜いた感じ。

これならもうすこし続けれそう。

でも、朝はちゃんと食べて、外では飲まないことにして、家の中では水分補給はしよう、と思います。

何もやる気がおこらんかったら、ここに居る意味ないし。

でも、「断食してるよー」って言ったら、みんなすごく喜んでくれた。

「ゆりこ、ブラボー!」って。

いつまで続くかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月1日(月)パソコン教室大盛況!

今日は、朝からそわそわ。

パソコン教室が始まるのです。いまいち準備しきれてない。

だって、どんなレベルの人が何人くるか想像ができないから。

村を歩いてると、俺もいっていい?みたいに声をかけられて、いいよーきてきて、と答えるけど、それは果たして外人としゃべりたいからネタでパソコン教室のことを切り出すのか、本当に行きたいと思っているのか、どっちか分からないのです。

そんな不安な気持ちでとりあえず青年の家へ。

パソコン置いてある部屋がすこぶる汚いので掃除しなーと思いながら、誰か来ないかな~と思ってたら、来た!ロトフィが!

二人でパソコンの部屋を大掃除。

何年ぶりに掃除するの?ってくらいほこりと虫の死骸とくもの巣がたまってて。

とりあえず掃除したけど、まだまだ汚い。

誰も掃除しようとしないのかなぁ・・・

でも、掃除後の部屋は見違えるほどになった。

ホワイトボードもあったので、置いてみたりして、なかなかいい感じに仕上がった。

満足。

そして、お昼ご飯を食べにそれぞれの家へ。

私は冷凍してた調理済みの野菜たちをフライパンで解凍して、半分くらい食べたところで、電話が。

調整員さんからだった。

近くに来たから、一緒に飯でも、というお誘い!

いくーー

ということで、ムーレイイドリスで調整員その他でケバブをいただいたのでした。

たまには日本人と話しないと。

そして、やってきましたパソコン教室。

調整員さんは、誰もこないんじゃないのーとか言ってきたけど、開始時間の3時より前に5人も集まった!

すばらしい!

パソコン3台しかないし、ちょうどいいなーと思いながら進めていると、ロトフィが。

あー、よかったー。来てくれて。

そうこうしているうちに、どんどんやってきて。

結局20人くらい集まった。

今日は、ワードを使って、自分の名前とか年齢とかを書く練習。

P1010715

これから、これを使って、太字にする練習とか色かえる練習とか、絵を挿入するしかたとかをやるつもり。

パソコン苦手やから、パソコン教室やってといわれた時、あんまり乗り気じゃなかったけど、なかなか充実した時間になった。

なんでもやってみるもんやな。

でも、実は私ははじめの5分くらいしゃべっただけで、後はまったく話してない。

パソコンを使いこなせる学生が何人か来てくれて、その人たちが教えてくれてた。

P1010728

私は後ろから写真とったり、覗き込んだりしてただけ。

まぁ、これでいいのよ。

私のアラビア語の練習にはならないけど、村の子供たち同士で教えあいっこしながらやってる風景をみてると、なんかとってもうれしかった。

調整員に「村落」の仕事というより「青少年」の仕事みたいにしてもいいんちゃう、と言われたけど、それもありかもね。

どっちも視野にいれてやっていこうと思ったのでした。

でも、やっぱりアラビア語、もっとがんばろうと思います。

その後、お向かいナジェットの家へ。

今日はグテの後、一緒に洗濯の手伝いをした。

そして、夕飯の後、ラマダン用のパンを作るから、見ていきな、といわれたので見ることに。

オリーブオイルを練りこんで、とってもおいしそう。

明日食べれるとのことなので、楽しみです☆

明日から、いよいよラマダン。

誰かが今夜2時にラッパみたいなんを吹いてみんなを起こしにかかってくるらしい。

私は果たして起きれるのか!?

明日からどんな生活になるのかな。

どきどきわくわく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月31日(日)日曜日は休息日。

今日は、日曜日だし仕事のことはおいといて。

朝からパンを作りに大家さんの家へ。

明日からラマダンかもしれないので、とりあえず一週間分くらいのパンを作った。

今まではひとんちの材料を使ってたけど、今日からは自分で買った材料。

なんだかわくわく☆

うまいこといって満足です。

写真撮り忘れたけど。

その後、お昼ご飯をいただいて、帰宅。

今日は大掃除。

カルメット村の家の床は日本みたいに絨毯とかフローリングとかではなく、コンクリートです。

だから、水をじゃばーっとかけてごしごしして、水切りすれば掃除終了。

水洗いできるので気持ちがいいです。

その後、お向かいさんちへ。

今日はグテをいただいた後、一緒に夕飯の支度をした。

ここの一番下の娘のナジェット28歳と一緒に。

ナジェットはとっても仲良くしてくれます。

アラビア語も教えてくれるし、ほどよい距離を保ってくれるし、大切にしたい人。

そのナジェットに「泊まっていったら?」といわれたけど、それは断った。

明日ははじめての本格的な仕事が始まるし、家でゆっくり寝て挑みたいので。

ラマダンはどうやらあさってかららしい。

どんなんになるのでしょうかねぇ。

ちょっと楽しみです。

ちなみに、とりあえず、いけるとこまでラマダンをやってみようと思ってます。

何事も経験。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村事情①~任地入り一ヶ月~、

     施設は整っているが、どれも利用されていない。

     道の駅

     青年の家

     図書館みたいな建物(ある組織の集会所らしいけど、その組織は今は活動ストップしている)

     ほとんどの女性は家から出ない。ほんとに出ない。隣の店にちょっと何か買いに行く、とかもしない。外に出るときは男性同伴のもとでないとダメらしい。

     村長は大学教授ということもあり、外の世界を見て、自分の村でも真似していろいろ計画しているが、施設や組織をつくるまでは行くけど、その後の運営のことをあまり考えていないように見受けられる。

     住民組織の初代代表のほとんどは今の村長。

     村長が代表をしているときは活発に活動していたけど、村長が代表をやめてからは組織の運営がとまっているようだ。

今までの村長が村でしてきた仕事はまさに村落開発普及員の仕事みたいな感じ。

きっと村長が村にいるときはうまいこといってて、村長も村人もハッピーやったんやろうけど、でも、村長が組織の代表をやめて村を出てから機能せず、施設も組織もくもの巣がはっている、という典型的なパターンであーる。

さぁ、これを目の当たりにして、私はどうするか!?

一度眠ってしまったものをたたき起こすのは結構な労力がいるぞぃ。

たたき起こすほうがいいのか。

でもたたき起こして機嫌悪かったらどうしよう。

誰かに起こしてもらおうか。

でも、それは誰だろう。

村長か?

いや、それならまた前と同じようになりそうだ。

ほな、自然に起きるのを待ったほうがいいのか。

はたして自然に起きることはあるのか。

とりあえず眠らせておいて、他のものをつくったほうがいいのか。

まぁ、いろいろ考えるわけやけど、とりあえず、村長はたたき起こして欲しいみたいなので、たたき起こすというかちょっとゆすってみてるってかんじで。

ラマダンも始まるし、ゆっくりゆっくり時間をかけて様子見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月30日(土)スークと会議な土曜日

そう、スークの日!

ということで、ムーレイイドリスへ。

今日は朝起きたらすでにサイードのトラックはなくて。

朝7時半くらいなのに。

横の店主に聞くと、ヨセフとすでにスークに行ったよ、と。

やっぱりサイードの行動パターンは読めない。

ということで、どうしよっかなーとか考えてたけど、月曜日か火曜日からラマダン(断食)は始まるので、とりあえず食べるものを買っとかねば、ということで乗り合いトラックでムーレイイドリスへ。

トラックでの山道は結構きつい。

横に座った女の人はモドシテイタ。げろげろ。

でも、一人で買い物したら後で怒られるので、電話をしてみた。

いつものカフェにいるということで、行って、コーヒー飲んで。

今日は野菜とかその他日用雑貨を買った。

家に戻って、この間大量に調理して冷凍しておいたものでお昼ご飯。

めずらしく、家で一人でご飯です。

なんだか味気ないなぁ・・・

和風気味の味付けも味気ないなぁ・・・

なんだかすっかりモロッコな私。

思うに、和食は日本で食べるからおいしいわけで、モロッコではモロッコ料理を食べるのが一番おいしい。

パンにはバターよりもオリーブ油が断然おいしい。

パンにチーズをはさむより、オリーブはさんだほうが断然うまい!

ということ。

そんなことはさておき。

夕方から始まる会議のことを妄想しつつ家でだらだらしてたら、ロトフィが。

なにやら青年の家でパソコン使いたいらしい。

ということで、一緒に行くことに。

私は横で月曜からの授業で使うフレーズを練習してた。

そして、会議。

カルメット村の隣村、ブニムラーズ村での会議。

女性組織の建物を使ったけど、ミシンが5台あって、なんだかカルメットよりも活発に活動してそう!と思ったのだけど・・・

会議が始まって、ひととおり私の紹介が終わって、一緒にこれから働くことになるよ、みたいなことを言ったら、

(ここからはだいぶ想像。なんせアラビア語1割しか聞き取れず、2割はジェスチャーによる想像であとの7割は勘。)

「この子が私たちと一緒に仕事をするのはウエルカムだけど、仕事がないよ。

組織でいろいろやったけど、結局うまくいかんかったし。

作っても売れないし。

道の駅っていうけど、誰も来ないやん。客くるの?来ない客をずーっと待つことなんて、したくない。

それにあんまりお金にならんやん。」

みたいなことを、すごい勢いで女性組織の人が行っていた。

それを村長がなだめるような感じ。

「いきなり何かしろ、とか言ってるのではなく、彼女は2年間ここにおるのだから、ゆっくり今の問題を解決いていったらいい。とりあえず、彼女に今までの仕事がどんなのか紹介したらどうだい?たくさんある問題についても一緒に話したらいいじゃない?」

あー、これ、100%言葉が理解できたらいろーんな村の状況が分かっただろうに、なんせ、ちゃんと聞き取れたのは

「仕事がない。やりたくない。何もない。」

この3フレーズ。でも、この3フレーズがかなり頻繁に出ていたので、おそらく上記のようなことを言っていたのだと思われます。

まったく違ったりして。

とりあえず、ラマダンも始まることやし、時間をかけてゆっくりゆっくり話を聞き出していこうと思う。

次会う約束をしてバイバイした。

家に戻ってサイードの娘ナジュラに呼ばれたので下へ行って、夜ご飯いただいた。

出た!クスクス甘いバージョン。

同期がラバトホームスティ中にクスクス甘いバージョンが出て、まずくて食べれたものじゃない、みたいなことを言っていたので、かなりおそるおそる食べてみた。

どんなものかというと、クスクス(米より小さめのパスタみたいなん)の上にシナモンと砂糖がふりかけられています。

ご飯と思って食べるといまいちやけど、デザートと思って食べると食べれる。

まずくはないけど、いっぱいは食べれない。

でも、これをご飯としてバクバク食べているモロカン。

そのうち私もこれをおいしいと感じるときがくるのでしょうか・・・

帰りに店を除いたら、シュバキアが山盛りつんであった。

これはラマダンの時にしか食べないお菓子。

いよいよ始まるねんなぁ、ラマダン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月29日(金)金曜日は何の日?

金曜日はモスクへお祈りに行って、その後クスクスを食べる日。

私は朝から青年の家へ行って、授業の準備。

着いてちょっとぼーっとしてたらロトフィが。

いいタイミングでいつもあらわれる!

ということで、そっから2時間くらい授業で使うであろうアラビア語レッスン。

たいへんだ。

うまくいくのかな。

こんなことを毎日する先生方、尊敬します。

その後ロトフィはモスクへ。

私はいったん家へ戻り、ズホル家へ。

ズホル家へ行くと、ズホルはクスクスの準備、妹さんはテレビ。

私は妹と一緒にテレビを見たり、ズホルのクスクスの準備のちょっかいをだしたり。

クスクスはおいしかった!

お腹むっちゃすいてたので、勢いよくいっぱい食べてしまった。

クスクスはお腹の中でふくれることを忘れて。

後でかなりおなかいっぱいになって苦しかったー

昼ごはんの後はみんなで昼寝タイム。

私も今日はなぜかとっても眠たかったので、寝かせてもらった。

そして帰宅。

水をためてると、向かいの窓から「アジ、アジ。」(おいでおいで)と。

今日もお向かいさんにお世話になった。

フランスから親戚が来てた。

いつもはそれぞれ自由に時間を過ごしている家族もリビングみたいなところでみんなで話してる。

何を言っているのかいまいち分からないけど、私もその輪の中にいて。

なかなか帰るタイミングがとれず、結局24時前までいた。

夜ご飯は米の牛乳煮込み。

明日は隣村ブニムラーズで会議。

どんなあいさつしようかなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月28日(木)一日二つが限界か

今日の予定。

1.  朝は青年の家で授業の準備

2.  その後11時くらいに女性組織の人(ズホル)の家に行って仕事の話(10分くらいで終わるような話。)

3.  他の女性組織の人を紹介してもらって一緒に家に行く

4.  昼はどっかで食べて、ロトフィと一緒に授業の準備

5.  5時から水組織の人の仕事を見せてもらう。

あー、こんなにこなすのは、無理か。

とりあえず1は自分ひとりなのでできるので、1と2はできる。

5は昨日約束したので、行かないわけにはいかないのでやる!

でも、私の中では3が最重要事項なのです。

ということで、一日の幕開け。

朝は自分で作ったホブスとサイードのオリーブオイルでご飯。

ここの村でいただくオリーブオイルはほんとにおいしい!

朝は予定通り青年の家で1時間くらい過ごして。

窓から外を見ると羊の群れがいた。

その後ズホル(女性組織)の家へ。

この間言ったときはバカンスで若い女の子がいたのでフランス語で会話できたけど、今回はもう帰っているはずなのでアラビア語だ!と思い、ちょっと緊張しながら行った。

行ってみたらまだ女の子がいて。

今起きた様子。もう11時ですよ!

しかも、ズホルはお昼ご飯の支度をしてて忙しそう。

話をしたいのに、とりあえず女の子の朝ごはんのお供・・・

さっき食べたのにー。

女の子がいると、どうしても仕事の話やりづらい。

ズホルは仕事の話をしようとしないし。

私が来ること自体はうれしいみたいだけど。

女の子がキッチンで何かしている間にタイミングを図って、ちょっと話してみた。

今日の目的は、隣村(ブニムラーズ)の前に道の駅ちっくなものがあるのだけど、半年ほど前にできたけどまだ使われてません。村長としてはカルメットとブニムラーズの女性組織で作った商品を置きたいらしい。

ということで、カルメットの女性組織がそこを使いたいという意思があるのかの確認。

これだけ。

アラビア語でいうと、

ワッシュ ブギートゥ トゥスタアムル “道の駅”?

答えは、イイエ(はい)か、ラ(いいえ)

これだけ。

これだけなのに、これを聞き出すのに2時間くらいかかったー

しかも、はじめの返事はラだった。

なぜかというと、女性がそこまでいって商品を売るなんて無理!だそうな。

女性は家にいないといけない、だそうな。

そうよね、そうよね、そうなのよねー

難しいのよねーそこが。

ほなら、誰か他の人(男の人でもいいから)が店番して、そこにできた商品を持っていって売るってのはどうじゃ?

と聞いたら、

それなら、むっちゃいい!とのこと。

でも、誰かいるのかな。

まだまだ話さないといけないけど、とりあえず、次の仕事は

「誰が店番するのか」だな。

商品はいっぱいある。

売る場所もある。

あとは売る人。

でも、まだ一人の人の意見なので、他の人の意見も聞かねばならぬ。

本当は全員の意見を聞きたいのだけど。

ラマダン始まるし、どうせ仕事にならないやろうから1ヶ月かけてできるだけ多くの女性の意見を聞こうかな。

でも、女性は家から出ないので、私が訪ねていかないといけないのです。

そして、家に行くとたいてい「お昼食べてきな」、か、「明日のお昼一緒に食べよう」、になるのでとっても時間がかかります。

ズホルの家も例外ではなく、帰ろうとしたら

「え?もう終わり?お昼一緒に食べようね、わかった?」

と、有無を言わせないような感じで。

ま、今日はお昼の約束どこともしてないから、いっか。と思っていただくことに。

でも、まだあと1時間くらいはでてこないだろうな、と思ったので、パソコン教室のビラを持って外へ。

ズホルの家は村の一番奥付近。私の家は村の入り口。

なので、話したことない人がいっぱいいます。

私の存在は知ってても、名前も日本人か中国人かも知らない人がいっぱい。

ということで、ビラをネタにいろいろ話してみた。

子供たちはとっても興味津々なのだけど、みんな恥ずかしがりやでなかなか話してこない。

大人は片言フランス語か片言英語で話しかけてきます。

日本でも外人を見るととりあえず「ハロー」と言ってみるのと同じ感じで。

なので、フランス語も英語も話せない人はなかなか私に話しかけてこない。

もっとディープなとこまで知るには、やっぱりアラビア語やなぁ、と実感。

子供とも話したいし。

とりあえず、お互い知ってる限りのフランス語と英語とアラビア語で会話。

なかなか楽しかった。

そしてズホル家でご飯。

ご飯後ズホルが刺繍を始めた!

3時半くらいに家を出ました。

そしてやっぱり「明日のお昼、クスクスやから一緒に食べよう。」と。

ズホルとはこれからもよろしくやっていきたいので、とことんつきあってやる!ということで、わかった。ありがとう。と言った。

帰りしなのドアで、

「明日、他の女性組織の人のとこにもいきたいんだけど、紹介してくれる?」

というと

「明日は金曜日だから違う日にしたほうがいいよ。また今度ね」

と。

また今度がいつになるのか、もしかしたらラマダン後かもしれないけど。

ちょっとずつちょっとずつ・・・

家に帰る途中にサイードが

「電気工事、5時にくるからね」と。

そう、昨日電気工事しにきてくれたんだけど、うまくいってなくて、夜電気がつかなかったのだ!

サイードにSOSサインだしたらとりあえず使えるようにはしてくれたんだけど。

おお、4時に水組織の人と約束があるのに、5時に工事か。

でも、5時っていってもどうせ6時くらいになるやろうから、とりあえず水組織の人のとこに行くぞ!と思っていったけど。

結局水組織の仕事が始まったのが4時半過ぎ。

その仕事とは、お金の集金なんだけど、各家を訪問するんやと思ってて、いろんな家を見れるのはいいな、と思ってついていくといったんだけど、その組織の集会所みたいなんがあって、そこで集金受付をしていた。

こんな場所あったんやー

しかも、図書館みたいに本いっぱいおいてあるし。

ここにもテレビとパソコン(壊れている)が。

そこで1時間半くらいいて。

そしたらムハマドの甥が私を呼びに来た。

「サイードが探してる」と。

いそいで家へ戻って。

電気工事をしてもらった。

家の工事をしてもらったら、お茶を出さないといけないのよ、とこの間店主に教えてもらってたので、コーヒーとミルクと昨日作ったシュバキアを出してみた。

出すタイミングがよくわからんかったけど、ちょうどお茶の準備が終わったときに工事も終わって。

すばらしい!

初めてお茶をもてなしたということもあって、とってもよろこんでくれて、よかった!

結構いっぱい用意したので、道ゆく人みんなに

「しょるぶーかふわ!」(コーヒー飲もうよ!)

と言いまくった。飲んでく人もいればそうでない人も。

たまにはもてなすのもいいな。

よろこんでもらえるって楽しい。

その後、家でくさりかかった大量の野菜を調理して、冷凍庫に放り込んだ。

さて、冷凍庫でどれくらいもつでしょうか・・・

もう野菜は大量にはかわないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月27日(水)一日一つ

モロッコで、というか、ここカルメットでは一日に2つも3つも用事こなすことは難しい。

今日の予定。

1.朝村役場に行って、役場の予算のイロイロを聞く。

2.その後、ネットカフェへ行っていろいろ調べる。

3.村に帰って女性組織の人のとこへ行く。

朝は早く行っても待たされるだけなので、10時半くらいに着けばいいと思ってそれまで家で月曜日から始めるパソコン教室の準備をした。

でも、家にいるとイロイロ他のことを考えてしまってなかなかはかどらない。

そうこうしているうちに、戸をたたく音が。

ロトフィ君の妹マリアンが来た。

この子は戸をあけると、ひゅいっと中へ入ってくる。

家は入ってすぐ階段があるんだけど、その子はトントンと階段を駆け上がっていってしまった。

ちょっと話して。(あまりコミュニケーションとれなかったけど。私のアラビア語が全く通じなかった。涙)

「お母さんがうちにこいっていってる!」

と。

ここで行くと今日の予定台無しになるので、

「ムーレイイドリスに行くから行けない。」

と断った。

モロッコ人だとここで、

「お茶でものんできな!」

というんだろうけど、出せるようなお茶がなく、ジュースもないし、果物もないし。。。

と思ってたら、マリアンは帰ってしまった。

なんか、招待されてばっかで招待されることには慣れたけど、急な客が来たときにどうしていいのか、まだよくわからん。

いつ客が来てもいいようにミントは常備しておくべきなのか。。。

でも、家でミントを使ってお茶しないからなぁ。。。

(外でいっぱい飲むから、家では紅茶とかコーヒーを飲んでいる。)

紅茶でもてなそうか。

なんかかわいそうなことしてしまったかな。と反省。

急な客が来たときにどうするか、今後の作戦をねらなければ!

そして、作業の続きをしていると、また戸をたたく音が。

今度はロトフィ本人。

「ムーレイイドリスいくんだって?オレも行くから一緒にいこう。」

と。

特に断る理由もないので、一緒に行くことに。

急いで用意して外に出た。

でも、私は村役場に行くので、ロトフィとは途中でバイバイ。

そして、役場へ。

役場には予算担当の人はすでにいて、私が見たい資料を用意してくれてた。

さすが、村長からの指示にはちゃんと従うねんなぁ・・・と感心。

予算なんて、日本語でも頭が痛くなるのに、フランス語やったらもっとわからん。

一生懸命いろいろ説明してくれてるけど、まったく理解できず。。。

理解できたのは、思ってたよりちゃんと予算管理してるねんなーということ。

とりあえず、一号報告書を書くのにだいたい分かったらいいねんけど。

その後、コピーをしに予算担当の人とムーレイイドリスの中心まで降りて。

歩いている最中はイスラム教がいかに素晴らしいかの演説。

へぇ~と思うこともあり。

そして話半分に聞いているのとあまりに熱弁なので聞き取れないところ多々ありで。

そうこうしているうちに

「コーヒーでも飲もう!」と。

いや、あんた、勤務中じゃないのかい?

と思って断ったけど、いやいや、と強引に誘ってくるのがモロッコ風。

断りきれずカフェへ。

コーヒー飲みながら、また予算の話。

さっきは相手ばっかり話してて何言ってるのかわからんかったので、今度は私も間を割って無理やり質問したりして、なーんとなく分かった。

とりあえず、お金がない、と。(それだけかい!)

二種類の予算があるみたい。

予算の話が終わるとまたイスラム談義。

この人は話好きやなぁ・・・と思いながら聞いていました。

コーヒーはその人のおごりで。しゅくらん。

その後、その人は村役場に帰ることなく帰宅。

で、私はネットカフェへ。

いろいろ調べたいこともあったのでたんまりとした。

そして帰村。

そして、女性組織の人のとこへ行くために、言いたいことのアラビア語を考えて、分からんとこを下の店の店主に聞いていたら、

「ゆりこーあじ、あじ!」(ゆりこ、おいで、おいで!)

と、大家の娘ナジュラが。

「ちょっと待って、いかなあかんとこあるから。」

といっても聞かず。

どうやらナジュラの家ではなく、斜め前の家で何かをしているので、一緒に行こう、ということらしい。

時間も結構おそかったし、まぁ、女性組織のとこに行くのは明日にしよう、ということで、ナジュラと斜め前の家へ。

ラマダン用のお菓子シュバキアを作っているところだった。

「ゆりこ!あじ、あじ!ほら、ここに座って、あなたもやるのよ!」と。

ここの家族は私にいろんなことをさせてくれます。

シュバキアのもとはもう出来上がってたけど、成形して、その後油で揚げてはちみつつけて、ゴマをふりかけるという工程を一緒にやった。

女4人で2時間くらいかかった。

1か月分作るから、大量です。

できあがったシュバキアがとってもおいしかった!とっても甘いけど。

味は日本のカリントウの蜂蜜バージョンって感じ。

そして、夜はパスタを牛乳で煮込んだものが出た。

胃にはやさしそうだし、味はパスタの味と牛乳の味なので食べれる。

みんなはそこに砂糖を入れてたけど、私はブラスッカル。(砂糖なし)

帰宅してお湯浴びして就寝。

明日こそは女性組織の人のとこにいかな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »