« カルメットから初投稿! | トップページ | 2009年12月21日(月)19ー3送別会 »

ごみの問題

日本はとってもきれいです。
道にごみが落ちてません。

モロッコはとっても汚いです。
道はごみだらけ。
せっかくのきれいな景色もだいなし。

これは、ここモロッコに来たほとんどの人が思っているはず。

カルメットに赴任当初、景色はすっごくきれいなのに、
足元を見るとそこはゴミだらけでがっかりしたのを覚えてます。

今までも何回かゴミ問題について村の人に言ってみたり、役場で話してみたりしたけれど、あまり興味を示さず。

まぁ、ゴミ問題って、お金を稼げるわけではないから、仕方がないか・・・とか思って今まで目をつむってました。

でも、やーーーっぱり、こういうことは外部者である私が言い続けないとこのまま過ぎてしまうと思って、紙に書いて、役場の村長へ直談!

そしたら、役場でもタイムリーな話題やったらしく、国の援助予算でごみ収集車を申請して、許可されてところらしい。
(というのも、村役場が統合して、世界遺産のボリビリス遺跡も役場管轄になったので、その辺りをきれいにするために、申請したらしい。)

その収集車を集落でも使うことはもちろん可能とのこと。

でも、今まで各自燃やしたり、空き地にポーイと捨てていた人を、決まった日に決まった場所にゴミを持っていってもらうことは難しいと村長の意見。

さて、これからどうするか。

環境教育隊員という職種もあるほど、この環境問題はいろいろ複雑。

もちろん、空き地にポーイをなくして、ごみ収集車できちんと収集して、適切な場所で適切な方法で処理するようにしたい。

モスクでの訴え、学校での啓発運動、、、、

いろいろアイデアが必要です。
きっと長期戦です。

でも、じっくりじっくり、10年後のモロッコ将来を見据えて。

いいアイデアお持ちの方、随時受け付けておりまーす☆

|

« カルメットから初投稿! | トップページ | 2009年12月21日(月)19ー3送別会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529590/32705010

この記事へのトラックバック一覧です: ごみの問題:

« カルメットから初投稿! | トップページ | 2009年12月21日(月)19ー3送別会 »