« 2009年1月13日(水)最近おもふこと。 | トップページ | 2010年1月20日(水)ハミドのお母さん »

2010年1月19日(火) 言葉がもたらす力

今日、初めてカルメットの人前で泣いた。

それは、うれし泣きのような、悲し泣きのような、よく分からない感情。

ことが始まったのは11月下旬。
いつも、毎日の何度も顔を合わせ、そのたびに冗談を言ってきたり言ったり、
自分の娘のように気にかけてくれて、かわいがってくれてたハミド。

彼は、私の家の下にある商店の店番。

カルメットに来たことのある人はみな知っているはず。
そう、フランス語を少し話す、あのおじちゃんです。

彼の様子が11月下旬から少し変だった。
それも急に。
冗談も言わなくなったし、何か私に対してだけ冷たい気がする。

原因を色々考えていた。
最近、客が多くて、お酒を飲んでいたから、それがばれたのか。
男の子を一人で泊めてあげたりしていたのが、だめだったのか。
ハミドのお母さんが病気だから、そのせいか。
ハミドが病気なのか。。。

毎日顔を合わせるだけに、この2ヶ月ちょっと辛かった。

その答えが今日判明した。

家賃も彼に払うことになっているので、今日払うためにハミドのところへ。

そしたら、おもむろに・・・

「ゆりこは、以前とってもひどい言葉を私に言ったんだ。○○○という言葉だ。覚えているかい?この言葉は、モロッコだけでなく、すべてのアラブの国でとってもいけない言葉。私はいつも娘のようにかわいがってあげていた。由里子に何も悪いことをしていないのに、ゆりこは○○○と私に言ったんだ。」

私は、確かに○○○という言葉を言った。
いい言葉ではないと知っていたけど、軽く冗談のつもりで言った。
友達のナジェットに教えてもらった言葉。
だから、冗談で言うには大丈夫なんだと思っていた。
まさか、その言葉がここまで人間関係をギクシャクさせるとは思ってもみなかった。

私は、本当にいけないことをしてしまったんだ。
私も辛かったけど、ハミドも2ヶ月間色々考えて、悩んで、そして、意を決して今日私に気持ちを打ち明けたんだろうな、と思うと、泣かずにはいられなかった。

「ごめんなさい、ごめんなさい。」

これしか私は言えなかった。

泣いてしまうなんて、自分でも大げさだな、と思ったけど、涙がとまらなかった。

その後、ハミドは

「もういいんだよ。ゆりこは娘だからね。これでもう大丈夫だね。」

とちょっとはにかんだような笑顔で言ってくれた。

ハミドがこうやって自分の気持ちを打ち明けてくれなかったら、
私が日本へ帰るまで、そして帰ってからもずっとギシュシャクしていただろう。

私も、「わたし、何か悪いことしたかな?」と聞こうかと思った時期もあったんだけど、
なんだか怖くて聞けなかった。

せっかく1年間かけて築き上げてきた人間関係が、言葉ひとつで壊れてしまうことがあるんだ、ということを身をもって経験した。

さぁ、明日からも元気でがんばるぞ!

|

« 2009年1月13日(水)最近おもふこと。 | トップページ | 2010年1月20日(水)ハミドのお母さん »

コメント

たった一つの言葉で、信頼関係まで崩れてしまう。
本当に言葉の力って重いよなあ。

けど、正直言ってくれたハミドはきっとゆりこのことが
好きなんだと思うで。
そういうことを正直に言えるっていうのが、ハミドの良さだよね。
残り5ヶ月、自分のお父さんのように大切にしてあげてな。
大丈夫、ゆりこならきっとまたいい関係が作れるさ。

投稿: ケニャイチロー | 2010年1月20日 (水) 19時52分

コメントありがとう!
うん、分かってるつもりでも、「ついつい」が取り返しのつかないことになりかねないんやね。
うん、ハミドには今回のことでいろいろ教えてもらったよ。
活動も大事やけど、こういう人とのかかわりで学ぶこと多いです。

投稿: ゆりこ | 2010年1月22日 (金) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529590/33050799

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年1月19日(火) 言葉がもたらす力:

« 2009年1月13日(水)最近おもふこと。 | トップページ | 2010年1月20日(水)ハミドのお母さん »