« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

オリーブオイルの奥深さ。

P1060977

さて、ご覧のとおり、この2つのオリーブオイル、色が違いますね。
左が黄色、右が緑っぽい。

どっちがおいしいかどうかは好みなのでおいておいて。

実は、この2つは、まったく同じオリーブを使ってます。

何が違うか・・・それは抽出方法。

左は伝統的な方法の、大きな石臼を馬やロバ、牛が引いてゆっくり抽出する方法。
右は、機械で大きな石臼を引いて抽出する方法。

石臼で作るのには変わりないのに、どうしてこんなに色が違うんでしょうね。

味は、黄色は香り高く口当たりまろやか。極上オリーブオイル、ここにあり!という感じ。
緑の方は香りはきついくらいあります。そしてすこし苦味があるけれど、オリーブ食べてます!という感じ。

私はどっちも好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最近のはやり。

年末年始と日本からやってきた、かぎ針あみの本。

ナイスなセンスの本で、そこに載ってあるもの全部作りたくなる。

しかも、簡単に作れちゃうものばっかりなのが、この本の素敵なところ。

かぎ針あみは、昔、少~しやってたっけな。
そんな感じの私。

この時間のある今しかできない!ということで、首都に上がったときに、毛糸を大量に買い、ちくちくと作成。

まだまだイビツなところもあるけれど、かわいいものが出来上がりました。

右はケープ。大家の娘にあげます。
左は自分の帽子。まだまだ寒いので、これから重宝しそうです。

P1060981


次は何を作ろうか、悩み中。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然の来客。

バンクーバオリンピックが始まってますね。

私は、フィギュアスケートのファンでしてね、日本にいたときは、フィギュアシーズンになったら、試合をビデオしてまで見るはまりようでした。

バンクーバオリンピックも盛り上がってます!!!!

ここでは、何百とチャンネルがあるのに、モロッコ人家庭では、モロッコ放送しか見てなくて。
そこでは、本当に話題の選手しか映らないし、ニュースでちょろっとだけ。

あ~がっつり見たかったなぁ。。。

それでもあきらめたくない!!

そう、おととい、男子シングルSPがありましたね。
どうしても、その演技がみたーーーい。

その映像を一生懸命ネットで探して、ダウンロードしてたりしたら・・・

ドンドンドンドンドンドン!!!!

来客が。

私の家は、来客がない家なので、ドンドンされるとびっくりする。

そして、見たことある女性と見たことない女の子。

女の子が英語を教えてほしいと。
高校卒業試験に向けて。

面と向かって頼まれたら、断れないタイプの私。

そう、ノーと言えない日本人の典型です。

ということで、とりあえず、土曜日にちょろっとしてみることにしました。

最近英語から離れていたし、自分も勉強するつもりで楽しもっ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日~18日 2日続けてブアセル

ラマダン後に行きだした集落、ブアセル。

ムーレイイドリスからカルメットの反対方向にある山々の中にある、わりと大きな集落。

そこには、女性の家があって、手芸教室が開かれています。
先生はムーレイイドリスから2人来ており、国から給料が出ております。
(給料未払いらしいけど。。。)

私は、うまく行っているところには行かず、うまくいっていないところに足を運ぶようにしています。

ここは、手芸教室が始まって2年目だけれど、去年の方がいっぱい人が来ていたと。
今年になって、人が来なくなった、と。

この日も、女の子が5人きただけ。

原因は色々考えられるけど、

まずは日本人が来てるらしい、ということで人が集まるようにならないか期待。
それと同時に、そこの手工芸教室の先生も新しい女性組織のメンバーへ勧誘。
女性組織のメンバーになれば、色々な機会とかミシンとか国に申請できるし、他の村との交流もできるし。
色々と道は広がるはず。

うむ、ちょっとずつ、ちょっとずつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日(火) メクネス⇔ムーレイイドリス

私の意味の分からない移動距離には定評がある。(?)

たとえば、AからBへ行くのに、Bと反対の方向のCに行ってみたり、
日を開けないで、同じ道を何度も行き来したり。

まぁ、すべて何かがあるから行動しているわけでして、決して無駄な動きではないと自分では言い聞かせるようにしています。

だって、それを無駄っていってたら、何も始まらんねんもーん。

モロッコでは予定ガコロコロかわるし。
いつ何が入ってくるか知れやしーひんし。

ま、そういうことで、今日もメクネスームーレイイドリスの約30キロを午前中だけで1往復半しましたとさ。(笑)

それも、メクネスで、メクネス州環境開発セミナーが開催されているから。

前もって言ってくれてたら、メクネスにいたからそのまま会場にいったのにー

と思ったけれどそんなことは一言も言わず、ついていきました。

それはそれはきれいな豪華な会場で。
飲み物、お菓子、飲み放題食べ放題。

そして、とてもすばらしいことを、お偉いさんであろう人たちが発表。

企業の成長も大切だけど、環境に配慮しなきゃいけない。

とか

環境教育をもっとしていくべき

とか。
(発表はクラシックアラビア語だったので、まったく理解できず、あとで一緒に言った村長に聞いただけなので、詳しくは分かりませんが。)

ほんと、私もそう思います。

こういうところにくると、村との生活のギャップにびっくりするし、
環境に目を向ける会なんだったら、飲み放題食べ放題はどうなん、とか、
都会と村落部では問題のありかたが違うけど、どっちのことを言及しているかはっきりさせてほしいな、とか

とかとかとか、思わないこともないけど、

でも、こういう場も必要なんかな、と最近は思えるようになった。

ニュースでも取り上げられていたし。
それを村の人は見ているわけやし。

環境に配慮した国づくり、今後のモロッコに期待してまっせ!!!!

↓今日の会場
P1060967

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 バレンタイン☆

モロッコではバレンタインなんてものは、一般人には知られていない。

イベント好きの私は、無理やりモロッコでもバレンタインを感じる努力をしている。
(こんなとこに努力するなら、もっと他の事しろって?)

去年のバレンタインは、村の近所の男性に、家の下の店で買った小さなチョコをあげたっけ。
「今日はチョコの日だから、受け取って~」て。

今年は、フェズで高級ケーキを買った!

自分で食べたんやけど。


いやぁ、んまかったぁ!

来年は、日本でバレンタインの予定。

流行の友チョコ期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日(土)フェズでの音楽講座

行ってきました。フェズ。

ここフェズには日本語教師のシニアボランティアがいます。
フェズの大学でその方は活動されています。

そして、3月に日本語スピーチコンテストという大きなイベントが首都ラバトで開催されます。

そこで、フェズの学生が歌を歌うのだそう。

コブクロの「どんな空でも」

えっと・・・そんな歌知りませんが。。。


一週間前に頼まれ、ダウンロードし、前日は一日中歌ってました。

当日は、強力な助っ人、小学校教諭の同期K子が来てくれたので、
私は、彼女の指示の元、歌の見本を見せるだけですんだ。

いやぁ、無事終わってよかったよかった。

生徒さんは、とっても真剣で、一つ一つのアドバイスをすぐに吸収し、
とっても難しい曲なのに既に歌えるようになった。

モロッコ人の耳のよさには感動します。

また今月末にも行く予定。
今度は助っ人がいないと思うので、一人でがんばります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月吉日。 カルメットはインターナショナル。

2月に入って、フランス人の若い女の子がカルメットに来た。

彼女はカルメットがお世話になっているフランスNGOの研修生として、3ヶ月ここに住むらしい!

ラフなおしゃれな格好で、
年も近そうで、
声が少し低くて、
フランス語が流暢!!!(←あたりまえ。)

いやぁ、残りのカルメット生活のほとんどかぶるし。

ちょっと楽しくなりそうです。

でも、その女の子は、モロッコ人宅にホームステイ。
一人で住んでたら行きやすいのになぁ。。。

今度、家に招待してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日(水) 久々のブニムラーズ集落

フェルト講座以来のブニムラーズ。

2週間ぶりのブニムラーズ。

久しぶり~!!!元気?家族は元気?寒いけど大丈夫?・・・・

と長い長いあいさつの後、刺繍の話で盛り上がる。

レイラが新作をいろいろと見せてくる。

すてき~!!!すてきじゃん!すてきじゃん!!!!

3月に首都ラバトで行われる日本語スピーチコンテストで販売予定なので、気になる方は早めに「カルメット・ブニムラーズ」ブースへいらしてください。

新作をちょっとだけ公開します。
初の試み、色の生地で刺繍。
レイラが選んだのは、モロッコブルー。

P1060935

そして、その後、話をしているとモスクの話に。
この集落には女性が行けるムスクがない。

というのも、モスクは通常男性と女性の部屋が分かれています。
大きな入り口から入るのはたいてい男性。
女性は勝手口のようなところから入って、男性とは別の小さな部屋があり、そこでお祈りします。

カルメットには数年前にアソシエーションが資金を集めて、女性用モスクが作られた。
ブニムラーズにはまだ作られていない。

ブニムラーズの女性たちは、ラマダンや金曜日など、モスクでお祈りをするのがよいとされている日に、わざわざムーレイイドリスまで行ってお祈りしている人もいるらしい。

そこで、私が一言。
「みんなほしいと思っているなら、作ったら?今なら国の援助機関に申請すればきっとお金下りると思うよ。」

そしたら、レイラが。
「そうよね、確かに。それ申請するのって確かアソシエーションよね。だから私たちが申請しないといけないんよね。。。」(レイラは女性アソシエーションの責任者)

私「そうそう。女性用モスクができたら女性たちすっごく喜ぶやん。」

レイラ「そうやね。とりあえず村長に相談しに行ってみるわ。」

レイラが村の女性のために、国の援助期間に女性用モスクを申請し、その申請が受理され、無事にモスクができることを、本当に心から祈ってます☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月9日(火)サボテン報告@村役場

カサブランカ出張(というと聞こえがいいなぁ・・・)の報告をするために、エルラシディアから帰ってきたその足で村役場へ。

かくかくしかじかで・・・こうこうこうで。

村長はとても話が分かる人。
そして新しいプロジェクトをあげたくてうずうずしている。

なので、話が盛り上がる盛り上がる。

なんだか盛り上がってきました、サボテンプロジェクト。

新しいことするって楽しいね。
ちょっとわくわくしている今日この頃。

でも、2月中は村役場の会計報告やらなんやらで忙しいそうなので、
3月から始動、ということでしょうか。

それまで、私は細々とサボテンの権威と連絡をとりながら、
サボテンプトジェクトを村の人々にしれ~っと宣伝しておこう。

気になるサボテンオイルはこんなかんじ。↓
P1060845

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月6日~7日 エルラシディアで会合

カサブランカから11時間のバス移動。

着いた先はモロッコ南部の町、エルラシディア。

最近、ここ、熱いのです。
日本人がこの町だけで、6人はいる。

そして、この日、エルラシディア近郊から日本人が集まった。
15人くらい。
この小さい町でそれはそれは目立ってました。

そうそう、村落部配属の隊員でホームページ作ってます。
もちろん、カルメットも村落部。
その会議がエルラシディアで行われるから、11時間もかけて行ったのです。

むっちゃ素敵なホームページに仕上がってきました。
ということで、是非是非みてください!!!

HAKKA HAKKA ホームページ
http://hakkahakka.web.fc2.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月5日(金) カサブランカまで一人旅~サボテンを求めて~

どうも。

ご心配していた方もそうでない方も。

無事に帰ってきましたカサブランカから。

朝の5時半ムーレイイドリス発の民営バスに乗り、カサブランカに着いたのは11時。
今回は降りたところに彼が待ち伏せ。

そして、そこからかなり手厚い対応で、彼の誠実さが伝わってきました。
(おとといの出来事はお互い忘れることにしましょう)

彼と、サボテン協会長と私の3人で、サボテンのオイル抽出をモロッコで初めて成功させた人のラボへ訪問し、(彼の本業はアルガンオイル)
その後お昼ごはん食べながらいろいろ議論。
そして、その後もカフェで議論しながら、色んな情報ゲット。
最後にはプチ観光をし、豪華ホテルのディレクターに会い、オレンジジュースを飲む。

いろんな情報をゲットできたし、今日一日でサボテン界の権威にも会うことができたし、

よかったよかった。

思い切って行動してよかった。

普段は「何しに来たの?」と言われることが多い反面、「外国人ボランティア」という肩書きのおかげで、普通だったら会えない人と会えたりするのは、協力隊の醍醐味だとつくづく思います。

これからエルラシディアへ向かいます。
隊員有志の会議があるから。

帰国隊員が2人も来モ中だそうで。
再会が楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日~31日 シャフシャウエン買い物旅行

行ってきました、2度目のシャフシャウエン。

今回も同期のK子と。

彼女とフェズで待ち合わせてバスでシェウエンへ。

道すがら、K子が
「私、何をしにシャウエンへ行くのだろうか。もう十分お土産は買った気がする。なので、今回はあなたのお供よ。」

と。

「その台詞、録音しときたいわ」

と、ついつい言ってしまいましたよ。

ということで、みなさんもご想像通り、いろいろお買い物をして帰ってきました。
もちろんK子もわんさか。

シャウエンはかわいい革製品がたくさんあるのです。
他では売っていない、個性的なカラフルな革製品が。
あれもこれも欲しくなります。
しかも、安い!!!

一番品揃えが多い店には、かなり長居してしまい、ちょうどお昼ご飯時だったので、店の人と一緒にご飯いただきました。

ソラマメのビサラ。(豆をつぶしてポタージュみたいにした食べ物)

ホテルに帰ってぼーっとしていると、ホテルの人がアッチャイ入れてくれました。

こういうモロッコ人のホスピタリティ好きです☆

あと、4ヶ月半。
行きたいところはまだまだあるぞぃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月3日 行って帰ってきた

今日は節分ですね。

みなさん、豆まきはしましたか?

そんな節分の日、私はなんともいけてない一日を過ごしました。

先日ここでも書いたサボテンコスメのプロジェクトを立ち上げるべく、村長と一緒にカサブランカまで行ったのです。
そこには、サボテンのスペシャリストがいるから。

カサブランカはここから200キロくらい。
車で行くと、4時間くらいかかります。

朝の11時に待ち合わせをしていたので、前日に村長の家@ムーレイイドリスに泊まり、朝7時には村長の車でカサブランカへ向かいました。

11時ちょい前にカサブランカ入りした我々は、彼と連絡を取ろうと、携帯に連絡をしました。

「・・・おかけになった電話番号はただいま電波の届かないところにいるか、電源を切っています」

というアナウンス。

カサブランカ入りしたら、連絡をとりあって会いましょう、と約束していた。
広いカサブランカ、彼の名前と携帯しか当てのない私たちは、彼と連絡が取れなかったらどうすることもできない。

何度も何度も携帯に連絡し、2時過ぎまでカサブランカにいたけれど、連絡取れず、結局彼と会えずに帰ってきました。

カサブランカまで何をしに来たんだか・・・

4時くらいに彼から連絡があり、

「携帯を家に忘れてしまってたのです!すみません!!」

と。

おーーーい。



村長もぶち切れ。
はぁ~

トントントンと、えらくうまいこといってるなーと思っていたサボテンプロジェクト。
まだまだ前途多難な様子。

そして、明日、もう一度、今度は私一人でカサブランカに行くことになりました。

彼が、自分が大失態をしたことに諦めきれず、私たちを招待したいそう。
村長は忙しいのでいけず。

え?私ひとり?

一人で行くのには今後のことを考えると抵抗はあるのですが、、、うーーーん、、考えていても進まないので行くことにしました。

その後エルラシディアで用事があります。
なので、夜行でカサブランカからエルラシディアまで行きます。

私、いつもながら、すごい移動しています。
こんなフットワーク軽い人間あまりおらんで。

あ、ちなみに、彼とはカルメットで一度会ったことがあり、信頼できる人なので、そういう意味ではご心配なく。
ただ、ちょっと抜けまくっているのでしょうね。

行くとなったら、がっつり情報つかんで、今月中にはプロジェクトあげれるように進めてもらうぞぃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »