« 2010年2月9日(火)サボテン報告@村役場 | トップページ | 2010年2月吉日。 カルメットはインターナショナル。 »

2010年2月10日(水) 久々のブニムラーズ集落

フェルト講座以来のブニムラーズ。

2週間ぶりのブニムラーズ。

久しぶり~!!!元気?家族は元気?寒いけど大丈夫?・・・・

と長い長いあいさつの後、刺繍の話で盛り上がる。

レイラが新作をいろいろと見せてくる。

すてき~!!!すてきじゃん!すてきじゃん!!!!

3月に首都ラバトで行われる日本語スピーチコンテストで販売予定なので、気になる方は早めに「カルメット・ブニムラーズ」ブースへいらしてください。

新作をちょっとだけ公開します。
初の試み、色の生地で刺繍。
レイラが選んだのは、モロッコブルー。

P1060935

そして、その後、話をしているとモスクの話に。
この集落には女性が行けるムスクがない。

というのも、モスクは通常男性と女性の部屋が分かれています。
大きな入り口から入るのはたいてい男性。
女性は勝手口のようなところから入って、男性とは別の小さな部屋があり、そこでお祈りします。

カルメットには数年前にアソシエーションが資金を集めて、女性用モスクが作られた。
ブニムラーズにはまだ作られていない。

ブニムラーズの女性たちは、ラマダンや金曜日など、モスクでお祈りをするのがよいとされている日に、わざわざムーレイイドリスまで行ってお祈りしている人もいるらしい。

そこで、私が一言。
「みんなほしいと思っているなら、作ったら?今なら国の援助機関に申請すればきっとお金下りると思うよ。」

そしたら、レイラが。
「そうよね、確かに。それ申請するのって確かアソシエーションよね。だから私たちが申請しないといけないんよね。。。」(レイラは女性アソシエーションの責任者)

私「そうそう。女性用モスクができたら女性たちすっごく喜ぶやん。」

レイラ「そうやね。とりあえず村長に相談しに行ってみるわ。」

レイラが村の女性のために、国の援助期間に女性用モスクを申請し、その申請が受理され、無事にモスクができることを、本当に心から祈ってます☆

|

« 2010年2月9日(火)サボテン報告@村役場 | トップページ | 2010年2月吉日。 カルメットはインターナショナル。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529590/33331042

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年2月10日(水) 久々のブニムラーズ集落:

« 2010年2月9日(火)サボテン報告@村役場 | トップページ | 2010年2月吉日。 カルメットはインターナショナル。 »