« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月24日(土)こもってます。

本日は、朝からずっと家にこもってます。
そういう日もたまにはいいものです。

何をしていたかというと、

「パソコンのリカバリー」

はい、このパソコン、今年に入ってもう何度目かのリカバリー。
リカバリー癖ついてます。

まぁ、私のパソコンの知識がなさすぎて、なにか不具合があったときの対処法が、リカバリーしか知らんということなのですが。

それにしても、今のカルメットは静かです。
遠くから、農作業のトラクターの音は聞こえてくるけど、
ちゅんちゅん鳥の声は常に聞こえてるけど、
たまに人の声。
たまに強烈なロバの鳴き声。
たまーーに犬の鳴き声。
たまーーーーーーーーにここへやってくる車の音。

みんな、お昼寝の時間みたい。

さぁ、私はフランス語の勉強でもして、ゆっくりします~

あ、事務所から借りてたBABELでも見ようかな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月中旬から下旬にさしかかりまして、カルメット新組織とか道の駅とか

記念すべき4月21日、カルメットで新しい女性組織が立ち上がりました~!
この集落は、人間関係がぐちゃぐちゃで、過去にお金の問題とかがあり、組織活動の氷河期に突入してたところ。
ここに赴任した当初、私は女性対象にアンケートをしたけど、そのときも「○○さんがいるなら、私はやだ」とか、「組織とかもううんざり」とか、そういう意見が多かった。
どうしたもんかなぁ~と思いながら、悩みつつ、でも、村の人間関係の口出しすることもできないので、とりあえず現金収入に、と、刺繍の販路開拓に走っていたわけです。

そういう、悩み多きところで、希望の新組織が立ち上がりました!

いやぁ、感無量ですね。

任期の残りがあと2ヶ月というのが、ちょっとアレですが、まぁ、彼女たちの下剋上魂だったら自分たちでなんとかできるでしょう。

そして、ずっと4年間くらい一度も開かれることなく眠っていた道の駅、そう、わっくわっくでも度々でてきてました、例の道の駅です。
今まで、鍵行方不明騒動、責任者は誰だ騒動、多額予算行方不明騒動、いろいろありましたが、ついにオープンとなりそうです。

5月21日(金)、22日(土)、題して「ブニムラーズ道の駅オープン祭2010」しまっせ!
みんな、来てね~

日本でも、道の駅に少し携わっていたので、なんだか縁を感じます。

ということで、うわさの道の駅
P1070567

道の駅からの景色は絶景。今はおじいちゃんのたまり場。
P1070578

左を見ればブニムラーズ集落
P1070574

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日(水) クスクス!

笑っているのではございません。
クスクスとは、モロッコを代表する食べ物でございます。
イスラム教では聖なる日とされている金曜日には、モスクでお祈りをしたあと、クスクスを食べるのが習慣になっているのは、わっくわっく愛読者ならもうご存知でしょう。

そのクスクスなんですが、粉よりもつぶつぶしてて、米よりも小さいパスタのようなものです。

モロッコ中のどこでも売っています。
だって、モロッコでは必需品だから。

しかーし、そのクスクスの全てがいけてるクスクスというわけではございません。
米にもうまいまずいがあるように、クスクスにもうまいまずいがあります。
クスクスのもとになる麦の質、クスクスを作るまでの工程で雲泥の差が出てくるのです。

ここらの集落では、クスクスを自分の家で手作りしています。
これは手の微妙な力加減とかが必要で、見ている限りでは簡単そうに見えるのですが、なかなか簡単なものではないそう。
熟練おばあちゃん世代がつくったクスクスは、もっちもっちしていてかなりおいしい!

このおいしさは都会に住むモロッコ人も知っている。
でも、知り合いでクスクスを手作りしているところなんてもうないから、仕方なくスーパーなどの袋入りを買ったり、その辺の商店で買ったりする。

というわけで、立ち上がったのが、何度も出てきている、レイラ率いるブニムラーズの女性組織。
ここで手作りでクスクスを作り、都会へ売りにだそうではないか、ということ。
その会議が今日あったわけです。

12人の女性が集まりました。
みんな、自分たちの作ったクスクスを売れるなら、そんなうれしい話はない、と喜んでいる様子。
軍資金に50DHずつ集める、と、みんなで決めたり、(50DHは結構大金なので、みんないろいろ意見言ってたけど、結局こうなった。)
さっそく土曜日のスークの日にいい麦を買いに行くことになったり、
次の日にさっそく10キロの申し込みを受けたり。

なんだか、楽しみです。

何人から50DH集められるのかわからないし、
集めたお金の管理とか、
これからの広報とか、
まだまだ考えなきゃいかないことたくさんあるけど、
とりあえず、みんなで考えて意見を言い合って、決めたことだから、なんとか軌道に乗ってほしい!

ということで、おいしいクスクスがほしいなら、ぜひブニムラーズ集落へ!
(送料を払ってくれるなら、送ります。日本でもどこでも。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月13日(火) ここには時間の感覚はないさ~♪

たまには、一日の行動を書きましょう。

朝、ブニムラーズ集落のレイラさんちへ。
明日ここで女性たちとの会議をするらしい。
ここの女性組織がクスクスのプロジェクトをしようとしていて、その参加者を募ることと、たびたびここで話題に上っていた道の駅の利用について話し合いたいらしい。

ほう。

会議をするには、役場に前もって言わないといけない。
報告することによって、この組織はちゃんと働いているんだよ、ということを示せることになる。
レイラは、昨日メクネスで会議があったのだけど、それが終わってから、会議をするための書類作成、役場への提出をしてきた。

すげー

一年前のレイラとは別人のようだ。
いや、これが本来のレイラの姿で、長らく本来の姿を潜めていたのかもしれない。

しかし、明日の会議、人来るかな。。。
乞うご期待。

レイラの家でソラマメの昼食をいただいた後、家に帰って母親と30分ほどスカイプ。

その後、4時から今度はナジェットの家(向かえの家)で会議があるので、10分前に行く。
会議が始まったのは、結局5時前だけどね。
私がもちろん一番乗りだったわけで、次に女性が来たのが4時10分ころ。
「ここには時計というものがないからね~みな、まだお祈りとかしてるのでしょう~」
と言う彼女たち。
こういうのにはもう慣れすぎて、なんとも思わなくなってます。(いいのか、悪いのか・・・)

この会議は、カルメットでこれから立ち上がろうとしている女性組織について。
まず、組織とは何か、をちゃんと理解しよう、とのことで女性たちが集まった。
司会進行はナジェット。
熱く色々語ってました。
ラバトでのスピコンでの経験がかなり刺激になったみたい。
やっぱりナジェットを連れて行ってよかった、と思う。

来週あたりに、組織編成のための会議をして、今月中くらいに組織が認められるといいな、という感じ。

そして、ちょっと家に帰ってきてゆっくりしているところ。

夜はナジェットのところへ言って、今日の会議のフィードバックをすることになるのでしょう。

しかし、本当に、レイラといい、ナジェットといい、他の女性たちといい、才能は色々あるのに、そのチャンスがなかっただけなんだ、と、つくづく思う。
その才能を生かせるように、組織がいい方向に動けるよう、サポートしていきたいものです。

では、本日のブニムラーズ集落
P1070533

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日(月) はっ!!!!

コメントいただいてた通りすがりさんって、協力隊同期の方だと思ってコメント返したけど、まさか、そうじゃない?!
モロッコ在住のあのお方!?
きゃーー!そうだったら、大変失礼いたしました。あの文章はなかったことに・・・

ということで、気を取り直して。

ブログ、サボってますが、いろいろありました。
はしょってちょろっと。

ある日には、フランスからのNGOを招き、こちらの組織と会議。
そこで、勢力争いにより激突もあったり。
負けるな!村人よ!

ある日には、これから立ち上がるであろう組織の中心的存在の女性たちとメクネスへ行き、人脈づくりに励む。
たった1時間の差なのにメクネスとここではこんなに色々な差があることに、いつまでたっても慣れませんねぇ~

ある日には、カルメット在住フランス人研修生と小学校で畑を作った。(資金はフランスNGO)
彼女は科学的な農薬を使わない有機農業(というのか?)を広めにきている。
なので、この畑も、もちろん彼女の知識満載。

まず、肥料はもちろん野菜の皮などからつくったコンポスト。
そして、とげがちくちくする雑草を手のひらでつぶして一緒に土の中にいれておくと、雑草が生えてきにくいらしい。
ほう。
P1070475_3

雑草を刈って、それを植えた野菜のまわりに毛布のようにかぶせる。
こうすることにより、雑草が育つのを防ぐことと、土に含まれている水分が太陽によって蒸発されにくくなるそう。
ほう。
P1070515

男の子も女の子もみんな一生懸命作業しました。

P1070492

ある日には、日本人のお客さんがカルメットに来た。
若者二人で、一人は協力隊になりたい君。
もう一人は、開発とか公共のお仕事に興味あるさん。
二人とゆっくりお話ができて、こちらもパワーをいただきました。
まぁ、パソコンを忘れてまた取りに戻ってくるというアクシデントもありましたが、彼女は無事に日本についたのでしょうか?
そして、これから西アフリカの方へ自分への挑戦の旅を続けるという彼、無事にVISAは取れたかなぁ???

今日はおなかがゆるい一日でした~

今は21:20。
夕食を食べずに待っているから早く来い!と、近所の人からお呼びがかかったので行って来ます。
(夕食の約束なんてしてないのに~おなかゆるいのに~)
ま、これも人生。セ・ラ・ビー♪
ビオフェルミン持参でいってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月吉日 イライラの後は安定期

先週、今週はちょっといい感じかもしれない。
イライラ時期を無事にやり過ごし、安定期に突入したのかしら。

今、カルメット村では、カルメット女性によるカルメット女性のための女性組織が立ち上がろうとしています。
今まで、女性組織はあったものの、カルメット女性は利用されているだけで、利益を受け取ることができなかった。
彼女たちは、その経験から、「組織」というもの、「一緒に何かをする」ということに対して、とっても恐怖心があった。
そして、組織を成すメンバーは、今まで、高学歴の人ばかり。
「私は、小学校もろくにいけてないし、字も書けないし、彼らに太刀打ちできないわ」
と思っていた。

でも、彼女たちは働きたい。自分たちで何かをしたい。お金がほしい。

ということで、少しずつだけど動き始めてます。

「私たちの手で、自分たちで考えて、自分たちがやりたいことをしようよ。今までどうして何もしないで、来るかわからない「何か」をずっと家の中で待ってたんだろう。もう、待つのは十分。自分たちで立ち上がろう!」

まるで、何か新政党の選挙文句かのような、演説。
立ち上がった女性が、村の女性たちの家へいって、こういうことを語ってます。

見てて、ワクワクする。
下剋上は、こうして生まれるのか。

2ヶ月後にはここを離れないといけないことは、とっても残念だけど、下剋上魂がある彼女たちなら、きっとやってくれるはず。

周りの大きな力に、邪魔されることもいっぱいあると思うけど(実際、すでにある・・・)、がんばるのだー!
やー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »